さて、この曲はなんて言ってるのだろう

英語は苦手ですが、洋楽を和訳しながらあれこれ意味を調べたり考えたりするのは好きなので、その勢いで書いています。
意訳と偏見だらけですが、ご容赦ください。

Owl_Cityの関連記事一覧

Good Time / Owl City and Carly Rae Jepsen

Good Time / Owl City and Carly Rae Jepsen

 

Lyrics&訳

Whoa-uh-oh

It's always a good time

Whoa-uh-oh

It's always a good time

 

いつだって最高の時間

どんな時でもね

 

Woke up on the right side of the bed

What's up with this Prince song inside my head?

Hands up if you're down to get down tonight

'Cause it's always a good time

 

ベッドの横で目が覚めて

プリンスの曲がガンガン……あ、昨日どうしてたんだっけ

ま、いいや。今夜パーティーするやつ手ぇ上げて

いつだって今日は楽しい日、だろ?

 

Slept in all my clothes like I didn't care

Hopped into a cab, take me anywhere

I'm in if you're down to get down tonight

'Cause it's always a good time

 

何も考えずに着替えないで寝ちまった

ま、いいや。タクシー捕まえてどっか行こう

もしパーティーするなら俺も行くよ

いつだって楽しくできるもんだろ

 

Good morning and good night

I'll wake up at twilight

It's gonna be alright

We don't even have to try

It's always a good time

 

おはようって言って、おやすみって言って

多分明け方に目が覚めちゃって

でも気分は上がってって

確かめる必要なんて何もないだろ

絶対今日もいい日になるから

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try

It's always a good time.

 

今日も良い日に決まってる

確かめなくても分かってる

今日って言う日はいつでもいい日だ

 

Freaked out, dropped my phone in the pool again

Checked out of my room, hit the ATM

Let's hang out if you're down to get down tonight

'Cause it's always a good time

 

頭真っ白。また携帯プールに落とした

部屋中カード探してお金降ろして

パーティー行くなら一緒に行こうよ

だって今日も楽しい日、でしょ?

 

Good morning and good night

I'll wake up at twilight

It's gonna be alright

We don't even have to try

It's always a good time

 

お日様おはよう。お月様おやすみ

朝の前から目が覚めて

今日の予感に胸膨らませて

何が起こるか分からないけど

今日も絶対楽しい日になる

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time.

 

そうでしょ。何があっても今日は良い日

解かってるでしょ。疑う必要なんてないの

いつだって今日は最高の時

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time.

 

そう思わない?何が起きてもいい日にできる

何の根拠も必要ないでしょ

今日って言うのが一番いい時

 

Doesn't matter when

It's always a good time then

Doesn't matter where

It's always a good time there

Doesn't matter when

It's always a good time then

 

何時だなんて関係ないだろ

今が一番いい時じゃないか

何処だなんて関係ないでしょ

ここが一番いい所じゃない

タイミングなんて関係ないさ

この瞬間が最高じゃないか

 

It's always a good time

 

そうさ、今、この瞬間が!

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time

 

そうだろ。今を最高に楽しもうよ

ためらう必要なんて無いだろう

いつだって今を楽しめるんだ

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time.

 

だからこの時を最高にしようよ

良いか悪いかを確かめるんじゃない

どんな時だって最高の時間にできるから

 

この曲について

 細かいこと気にしない!今日も楽しければそれでよし!っていうか毎日絶対楽しいし!そんなノリのパーティーソングですね。頭空っぽにして楽しめる曲だと思います。

 

 Aメロのところでは、日常の「あ~、またやっちゃった」感のある出来事が語られますが、まあ、それはそれとして、今夜皆と楽しくハジければそれでいっか……という、なんとも気持ちの切り替えの素早い主人公たちですね。先日紹介した Be Okay に一脈通じる所のある曲かなとも思います(こっちが先にリリースされた曲ですが)。

 

 さて、この曲はアウル・シティー(Owl City)とカーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)のコラボレーションで歌われた曲です。2012年、先にアウル・シティーが The Midsummer Station というアルバムからのシングルカットとしてリリースし、その後カーリー・レイ・ジェプセンも The Kiss というアルバムからシングルカットリリースしています。
 ※一応、企画主はアウル・シティー側のようなので、Owl City and Carly Rae Jepsen としました。


Owl City & Carly Rae Jepsen - Good Time

 

 日本国内でもノンアルコールビールのCMで頻繁に流れていた為、アウル・シティーは知らなくてもこの曲は知っているという方も多いと思います。Whoa-oh-oh, oh-oh-oh でサビの大半が成り立ってしまうので、耳残りもいい曲だと思います。

 

訳、言葉について

 You're down は、大きく分けて二つ意味があります。一つは「(君の)気分が落ち込む」、もう一つは「(君が)賛成する」です。どっちで訳しても成り立たせようと思えば成り立つような気もするのですが、後者の方が自然に他の歌詞と繋がったので、そちらを採用しています。

 

 Get down は主に「伏せる」という意味ですが、何故か「踊る」という意味もあり、そこから転じて「ノリ良く遊ぶ」のような言葉でも使われるそうです。こちらは、間違いなく後者かと思います。

Waving Through a Window / Dear Evan Hansen

Waving Through a Window / Dear Evan Hansen

Lyrics&訳

I've learned to slam on the brake

Before I even turn the key

Before I make the mistake

Before I lead with the worst of me

 

急ブレーキを覚えてしまった

まだ鍵すら回す前から

何かやらかしてしまう前に

無様な自分を晒す前に

 

Give them no reason to stare

No slipping up if you slip away

So I got nothing to share

No, I got nothing to say

 

目立つことはしちゃいけない

そっと居なくなれば失敗することも無いさ

そうだね、僕は誰からも相手にされてない

何か言葉を口にすることもない

 

Step out, step out of the sun

If you keep getting burned

Step out, step out of the sun

Because you've learned, because you've learned

 

離れろ。離れるんだ。陽の当たる場所から

火傷の痛みが残っているならな

急げ。急ぐんだ。陽の光の外へ

だってそう学んだ筈だろ。解かっている筈だろ

 

On the outside, always looking in

Will I ever be more than I've always been?

'Cause I'm tap, tap, tapping on the glass

I'm waving through a window

I try to speak, but nobody can hear

So I wait around for an answer to appear

While I'm watch, watch, watching people pass

I'm waving through a window, oh

Can anybody see, is anybody waving back at me?

 

離れた場所から、いつも外を気にしている

これから先も、このままなのかな

ほら、ガラスを何度も叩いて

窓越しに手を振っているのに

話しかけてみても、誰の耳にも聞こえない

ここで答えが出るのを待つだけ

道往く人を眺めながら

窓の外から手を振ってみるけど

誰か見えないかな?手を振り返してくれる人はいないかな?

 

We start with stars in our eyes

We start believing that we belong

But every sun doesn't rise

And no one tells you where you went wrong

 

最初は目の中に光を湛えていたよね

最初は皆と一緒だって思ってたよな

でもいつも太陽が昇るとは限らないし

道に迷ったお前を導く人もいなかった

 

Step out, step out of the sun

If you keep getting burned

Step out, step out of the sun

Because you've learned, because you've learned

 

忘れろ。忘れるんだ。お日様の温もりなんて

そいつはお前の火傷をひどくするだけだぞ

隠れろ。隠れるんだ。太陽の届かない所へ

そうさ、解かってる筈だろ。解かってしまった筈だろ

 

On the outside, always looking in

Will I ever be more than I've always been?

'Cause I'm tap, tap, tapping on the glass

Waving through a window

I try to speak, but nobody can hear

So I wait around for an answer to appear

While I'm watch, watch, watching people pass

Waving through a window, oh

Can anybody see, is anybody waving?

 

皆の中に入れずに、ここから横目で眺めてる

これから先も変わらないのかな

窓のガラスを叩きながら

皆に向かって手を振ってるのに

上げてみた声だって、誰の耳にも届かない

ここで答えが出るのを待ちながら

道往く人達を眺めながら

彼らに手を振ってみるけど

見てくれる人も、手を振ってくれる人だって

 

When you're falling in a forest and there's nobody around

Do you ever really crash, or even make a sound?

When you're falling in a forest and there's nobody around

Do you ever really crash, or even make a sound?

When you're falling in a forest and there's nobody around

Do you ever really crash, or even make a sound?

When you're falling in a forest and there's nobody around

Do you ever really crash, or even make a sound?

Did I even make a sound?

Did I even make a sound?

It's like I never made a sound

Will I ever make a sound?

 

お前が森の中で木から落ちて、その時周りに誰も居なかったとしてだ

それは本当にまずいことなのか?実は物音一つ立っていないんじゃないか?

もう一度言うぞ。お前が木から落ちたとして、周りに誰一人居なかったのなら

それは何も無かったってことと同じじゃないか?誰もその音すら聞いていないんだ

もし仮にお前が怪我をしたとしても、誰も周りに居ないのだったら

それが一体何だって言うんだ?誰の何に影響するんだ?

そうさ、お前の身に何かあっても、誰もお前の周りにいないんだったら

世の中からしたらどうでもいいことだろ?誰一人気付けないんだ

僕は音すら立てていなかったのか

僕は音すら立てることができなかったのか

それってずっと、気付いてすら貰えてなかったってことか

いつか音を立てられるだろうか

 

On the outside, always looking in

Will I ever be more than I've always been?

'Cause I'm tap, tap, tapping on the glass

Waving through a window

I try to speak, but nobody can hear

So I wait around for an answer to appear

While I'm watch, watch, watching people pass

Waving through a window, oh

Can anybody see, is anybody waving back at me?

Is anybody waving?

Waving, waving, whoa-oh, whoa-oh-oh-oh

 

皆の輪から外れた場所で、何度も何度も皆を見ている

いつもこうだ。いつまでこうなんだ

何度もこのガラスを叩いてるじゃないか

ずっとこの窓から手を振ってるじゃないか

話しかけてみたって、声すら皆に届いてくれない

どうすればいいって言うんだ。何もできずに

ただ沢山の人が過ぎて往くのを眺めながら

皆に向かって手だけは振ってみるけど

誰にも見えない?誰も手を振り返してくれない?

たったの一人も?

誰か手を振り返してよ。誰でもいいから

 

この曲について

 最初にお断りしておきますと、この曲は「ディア・エヴァン・ハンセン(Dear Evan Hansen)」という、アメリカのミュージカルの中の一曲ですが、僕はまだこのミュージカルを見たことは有りません(※昨年アメリカで公演されたばかりなので、当然なのですが……)。なので、オフィシャルサイトやWikipediaで得たあらすじしか知らない中での解釈となり、正直どこまで曲の内容を表現できているかが自分でも疑問なのですが、少なくとも自分にとってこういう曲に映った……という体で進めさせて頂ければと思います。

 

 まず、歌詞に I という一人称と、You、Weという二人称が入り混じるので、最初は主人公のエヴァン(Evan)から誰かに向けたメッセージなのかなと思ったのですが、歌詞とミュージカルの内容を見る限り、I も You も We も全てエヴァン自身を指していると思われます。つまりこの歌詞の向き先は全てエヴァンからエヴァンに向いているようです。

 

 少し劇の解説になりますが、エヴァンは社会不安障害を抱えており、周囲と上手く打ち解けることができずにいる17歳の少年で、そのセラピーの一環で自分で自分に手紙を出しているという背景があります。この曲中、一人称になったり二人称になったりするのは、恐らくこの前提があるからではないかと思われます。なので、心許せる誰かと一緒に居たいと思うエヴァンと、それは叶わないし叶えてはいけない望みだと諭すもう一人のエヴァンが入り混じって、こういった歌詞の運びになっているのだろうなと解釈しました。

 

 1番の1節と2節では、諦めつつもどこかで皆と一緒の輪の中に入りたいと望むエヴァンと、それを何度も試みて何度も酷く辛い目にあってきたことを覚えているエヴァン。この両者の葛藤が描かれているようです。そしていつも、人とは関わらないで済む道を最終的に選択してきたようです。

 

 しかし、2番の後、When you're falling in a forest and there's nobody around の部分ではそんな、人を避け続けてきた自分自身の存在価値に疑問が生じ始めているようです。ここの歌詞はかなり哲学めいた内容になっており、訳が正しいか今でも自信が無いのですが、多分「誰とも関わることが無いと言うのは、存在していないことと同じではないか?」という問いかけの例えだと思われます。これを4回も自問自答しており、どうもここでエヴァンは、このままでいることへの不安と焦りが急激に増しているようですね。

 

 そして最後は、窓を叩こうが手を振って呼びかけようが誰にも相手にされないことに絶望を覚え、しかしそれでも、誰でもいいから自分に気付いて欲しい、手を振って呼びかけに答えて欲しいと切望します。曲調こそ明るく軽快ですらありますが、その曲自体がエヴァンを置いてけぼりにしているような、そんなイメージが浮かぶ気がします。

 

 さて、改めてですが、この曲は2016年に公演が開始され、2017年にトニー賞のミュージカル作品賞を初め6部門で賞を獲得した、アメリカのミュージカル「ディア・エヴァン・ハンセン」の中の一曲で、エヴァン役であるベン・プラット(Ben Platt)によって歌われています。

 


"Waving Through a Window" from the DEAR EVAN HANSEN Original Broadway Cast Recording

 

 現代のブロードウェイミュージカルの情報を収集するようなことは普段はしないのですが、たまたまOwl Cityが歌っているバージョンを耳にして一発で惚れこんでしまい、それからこのミュージカルにも興味が湧いてしまいました。
 ……とは言え、仮に本場まで見に行ったところで何言ってるか分からないと思うので、RENTやHairsprayみたいに映画化されることを待ち望んでおります。

 

 また、Owl Cityのバージョンは彼らしくテクノを取り入れた曲調になっています。大幅なアレンジという風ではないですが、オーケストラと比較して無機質で寂しい感じがところどころに出てると思います。

 


Owl City - Waving Through a Window (From Dear Evan Hansen) Lyrics [CC]

訳、言葉について

 Slamには「勢いよく叩きつける」というニュアンスがあります。その為、ブレーキの上に勢いよく叩きつける→急ブレーキを踏むということになるようです。

 

 Slip upは、「失敗する」という意味の熟語ですが、ニュアンスとしては「うっかりやらかす」という感じで使うそうです。

 

 同じくSlipを使った熟語でSlip awayとありますが、これは「席を外す」とか、「そっと抜け出す」という意味で使うようです。

 

 Step outは、「外出する」という意味と「急ぐ」という意味があります。今回はStep out of the sunとなっているので、陽の光が当たる所の外側に出ろ……つまり日陰に入れという意味と思われます。

 

 Look inは、じっと見ると言うよりは「ちらっと見る」という感じで使うようです。今回の曲ですと、皆の輪の中に入れないと思いつつも入りたいと願っているエヴァンの心情にマッチした言葉なのかなと思います。

 

 この曲のタイトルでもあるWavingですが、波を意味するWaveを動詞として捉えると「手を振る」という意味になります。なので、Waving Through A Windowで「窓越しに手を振る」となります。
 ※それにしてもこの窓はどういう窓なんでしょうね。エヴァンは左手を骨折しているので病院の窓なのか、皆のいる学校の教室の窓なのか、それとも心理的な例えなのか。

 

 そして多分、この曲を訳す上で一番の難関が、Do you ever really crash, or even make a sound? ではないかなと思います。そのまま訳すと

「君は本当にいつも墜落するのか、それとも音すら立てるのか?」

みたいな文章になって意味が分からないのですが、少し日本語固有のニュアンスを加えて「~と言えるのか」とすると

「君は本当にいつも墜落したと言えるのか、それとも音すら立てたと言えるのか」

となり、少し分かり易くなるのかなと思います。そこからさらにニュアンスを変えて

「君は本当にいつも墜落したと言えるのか、いやむしろ音すら立てたと言えるのか」

と解釈できるのかなと思います。そしてここは直前に、When you're falling in a forest and there's nobody around(君が森に落ちて、その時周りに誰もいなかったとしたら)という歌詞があるので、まとめると

「君が森に落ちて、その時周りに誰もいなかったとしたら、それは本当に墜落したと言っていいのか、むしろ音すら立てていないのと同じではないか」

となるのではないかなと思います。ここは本当に自信が無いので、違ってたらどなたか教えてください。

Shooting Star / Owl City

Shooting Star / Owl City



Lyrics&訳

Close your tired eyes, relax and then

Count from 1 to 10 and open them

All these heavy thoughts will try to weigh you down

But not this time


疲れたかい。じゃあ目を閉じて、肩の力を抜いて

10まで数えてごらん。そしたら目を開けるんだ

色んな重たいものが、君達に圧し掛かろうとするだろうけど

今夜はそうはならないよ


Way up in the air, you're finally free

And you can stay up there right next to me

All this gravity will try to pull you down

But not this time


あの道の先は分からない。でも、最後は君達の自由だ

登って行っていいんだよ。僕も隣についてる

あらゆる重力が、君達を引きずり降ろそうとするだろうけど

今夜はそうはならないよ


When the sun goes down and the lights burn out

Then it's time for you to shine

Brighter than a shooting star

So shine no matter where you are


あの陽が沈んで、世界の光が燃え尽きる時

そしたら、君達が輝く番だよ

流星よりも眩しくね

何処だろうと気にしなくていいんだ


Fill the darkest night with a brilliant light

'Cause it's time for you to shine

Brighter than a shooting star

So shine no matter where you are tonight


暗い夜を煌めく光で満たすんだ

光を放つのは君達だから

流星よりも力強くね

君達が今いる、そこで良いんだ。今夜だよ


Woah-oh, woah-oh, woah-oh


Brighter than a shooting star

Shine no matter where you are tonight


そうさ 君達なんだ 信じてごらん


流星の光も敵わない程

恐れないで輝くんだ。今夜


Gaze into my eyes when the fire starts

And fan the flames so hot it melts our hearts

Oh, the pouring rain will try to put it out

But not this time


僕の目をよく見て。もし炎が巻き起こったなら

熱く煽り立てて、僕らの心を溶かすほど燃やすんだ

きっと降り注ぐ雨が消そうとするだろうけど

今夜はそうはならないよ


Let your colors burn and brightly burst

Into a million sparks that all disperse

And illuminate a world that'll try to bring you down

But not this time


君らのもつ色、燃やして派手に弾けさせよう

撒き散らされた幾億の火花を彩るんだ

そして世界を色鮮やかに照らすんだ。彼らは君達に冷たいかもしれないけど

今夜はそうはならないよ


When the sun goes down and the lights burn out

Then it's time for you to shine

Brighter than a shooting star

So shine no matter where you are


太陽が彼方に消えて、世界から光が失われたら

それこそ君らの輝く時だよ

流星にも負けない程にね

ためらう必要はどこにもないんだ


Fill the darkest night with a brilliant light

'Cause it's time for you to shine

Brighter than a shooting star

So shine no matter where you are tonight


この闇の中を、溢れる光で照らすんだ

そうさ、輝くのは君達なんだ

流星よりも鮮やかに

何処に居たって輝ける筈さ。今夜ね


Woah-oh, woah-oh, woah-oh


Brighter than a shooting star

Shine no matter where you are tonight


恐れないで 大丈夫 勇気を出して


流星の光も超えられる

誰の目も気にすることなんてない。今夜なんだ


A thousand heart beats beat in time

It makes this dark planet come alive

So when the lights flicker out tonight

You gotta shine


同じリズムを刻む幾千の鼓動が

闇が満たすこの星に息吹を与えるんだ

さあ、世界の光が瞬き消えたなら

光を与えるのは君達じゃなきゃ


When the sun goes down and the lights burn out

Then it's time for you to shine

Brighter than a shooting star

So shine no matter where you are


さあ、いま太陽が落ちて世界から光が失われるよ

君達が光を放つ時が来たんだ

流星の光すら敵わない程にね

もう迷っている場合じゃない


Fill the darkest night with a brilliant light

'Cause it's time for you to shine

Brighter than a shooting star

So shine no matter where you are tonight


この何も見えない夜を君らの輝きでいっぱいにするんだ

そうだろ、君達こそが光なんだ

流星の光じゃ皆は照らせない

何処に居ようと君達の光が必要なんだ、今夜


Woah-oh, woah-oh, woah-oh


Brighter than a shooting star

So shine no matter where you are tonight.


もう迷わなくていい 自分を信じて 自分の光を信じて


流星の光すら飲み込んで

今夜、思いっきり輝けばいいんだ

この曲について

 突然のブログの移転となり、申し訳ありませんでした。そしてまた、引き続きよろしくお願いいたします。

 この曲を聴いて、一通り歌詞を読んでみたところでぱっとイメージできたのは、うまく自分自身の持つ良い部分を発揮できずにもやもやしている少年少女でした。それは普段、何かに遠慮したり、周りの空気を読んだりしての事なのだと思います。そして、そんな彼らを勇気づけ、迷いを取り払ってあげようとするのがこの曲かなと思います。


 「やりたいことをやりたいけど周りからは喜ばれない」「自分の道を行きたいけど周りに引き留められる」「一生懸命やったところで周りは冷やかすばかり」……そんな少年少女の思惑や諦めを、この歌い手は先回りして理解しています。そしてその上で、今夜だけは違うはずと彼らを励まし、そしてその人だけが持つ個性や能力や才能といったものを信じているように思えます。そしてそれは、流星よりもずっと人の心を打つことができるんだよという、そんな曲だと思います。

 ただ、Shooting Starと言えば、どちらかと言うとひとすじの流れ星のイメージなので、初めはこの曲のyouは単数、つまり1人として訳していました。恐らくそれはそれで問題なく、むしろこの曲のメッセージを受け取る聴き手側に回った場合は、そちらのイメージの方が良いのではないかなと思います。

 しかし客観的に見た場合、A thousand heart beatsという言葉や、your colorではなくyour colorsと書かれた部分があることから、実際のところyouは複数人(少なくとも1000人)と思われます。なので、誰か別の人にこの曲の情景を伝えるなら、彼らが一斉に街のあちこちで眩い光を放っているイメージを作る方が相応しく思えました。その為、今回は訳上ではyouは「君ら」「君達」にしてみましたが、どうでしょう。


 さて、この曲は2012年にアウル・シティー(Owl City)によってリリースされた曲で、アルバム「The Midsummer Station」に収録されています。日本でのアウル・シティーの知名度は良く分からないのですが、カーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen) とのコラボレーションで歌われたGood Timeは皆さんご存知かと思います。
 また、SEKAI NO OWARIファンの方は、Tokyoという曲でコラボレーションされているので良くご存知かもしれませんね。


Owl City - Shooting Star


 個人的なイメージでは、アウル・シティーは物静かで幻想的な曲……それこそ沢山のフクロウ(Owl)が、静かに並んでたたずんでるようなイメージが強かったので、この曲は凄く新鮮に感じました。(いや、ファーストアルバムを改めて頭から聴いてみたら、むしろポップな曲の方が多かったですが)
 これを機にファーストアルバムちゃんと買おうかなぁ。

訳、言葉について

 頻繁に出てくる「Not this time」ですが、これは普段使いでは「今回はやめとく」とか「今日は気が乗らない」といった感じで使います。同じ言い回しで「Not today」ということもあります。
なので、最初にこのフレーズが出てきたところを例にすると、「色んなものが君に圧し掛かろうとするだろう→でも(それらは)今はやめとくだろう」といった感じの捉え方になるのではないかなと思われます。

 今回つまずいたのは、1番に出てくる「Way up in the air」です。Wayは問題ないのですが、後ろの「up in the air」は全く違う3つの意味を持っていまして


1:空の上

2:ぼんやりとしていてはっきりしないこと

3:幸福の場所

 ……さて、今回どれで訳してもその先の言葉と矛盾しません。その為、捉え方でシチュエーションが変わってしまうので、どうしたものかと悩んだのですが……今回はとりあえず3つ全部ミックスして、「空に向かう道の先には望むものがあると思われる。けれど、まだそのゴールがはっきりと見えている訳ではない」というニュアンスにしてしまいました。どっちつかずで申し訳ないです……

 また同じ場所に「You can stay up there」とあります。直訳すれば、「君はその上側にいることができる」、つまり「君はあそこに辿り着けるよ」となります。しかし、canは「~が出来る」というニュアンスの他に「~しても良いよ」という捉え方も出来ます。僕は、この曲のイメージは「みんな素晴らしいものを持っているのに、あえて自らそれを抑え込んでいる」だと感じましたので、訳上では「あそこまで辿り着いていいんだよ」と、背中を押すようなニュアンスにしました。


 2番が終わった後のCメロ部の最初にin timeとありますが、これも大きく分けて二つの意味を持つ言葉です。


1:やがて

2:時間・タイミングに合わせて


 今回は、1000の鼓動が一斉に同じリズムで動いている方が絵になるので、2番の方で解釈しています。(1番の場合、多分willとかgoing toとセットになるでしょうしね)

livedoor プロフィール
関連アーティスト検索
検索