さて、この曲はなんて言ってるのだろう

英語は苦手ですが、洋楽を和訳しながらあれこれ意味を調べたり考えたりするのは好きなので、その勢いで書いています。
意訳と偏見だらけですが、ご容赦ください。

2010~2014年の関連記事一覧

Shut Up And Dance / Walk The Moon

Shut Up Dance / Walk The Moon

 

Lyrics&訳

"Oh don't you dare look back

Just keep your eyes on me."

I said, "You're holding back,"

She said, "Shut up and dance with me!"

This woman is my destiny

She said, "Ooh-ooh-hoo

Shut up and dance with me."

 

「ちょっと、ナニよそ見してるの

私の眼だけ見ててちょうだい」

俺は言ったね「何か企んでるのか」

コイツは言った「ダマって踊って」

まあ運命の相手ってやつだな

こう言うんだぜ「ほら、いいから

ダマって私と踊ってちょうだい」

 

We were victims of the night

The chemical, physical, kryptonite

Helpless to the bass and the fading light

Oh, we were bound to get together

Bound to get together

 

俺達は、夜の被害者ってやつさ

化学の力で作られた、骨抜きにされちまう世界のな

救いの無い声に、消えてく光

俺達は縛り付けられたみたいにつるんでた

ずっと抜け出せなかった

 

She took my arm

I don't know how it happened

We took the floor and she said

 

で、アイツに、いきなり俺の腕を掴まれた

何が起こったのかわからなかったが

フロアに連れてこられて、アイツこう言った

 

"Oh, don't you dare look back

Just keep your eyes on me."

I said, "You're holding back,"

She said, "Shut up and dance with me!"

This woman is my destiny

She said, "Ooh-ooh-hoo,

Shut up and dance with me."

 

「さあ、ぼやぼやしてないで

私の眼だけをしっかり見て」

俺は言った「おい、何考えてるんだ」

アイツはぴしゃりと「いいから踊って」

こいつ、俺の運命ってやつじゃないか

この言い草だ「ほら、ねえってば

口動かしてないで足動かして」

 

A backless dress and some beat up sneaks

My discothèque, Juliet teenage dream

I felt it in my chest as she looked at me

I knew we were bound to be together

Bound to be together

 

背中の空いたドレスに、弾むスニーカー

このフロアは俺の物。ジュリエットも仲間入りさ

俺の胸に感じるあいつの視線

解かってるさ、俺達は一緒だ

ずっと一緒だ

 

She took my arm

I don't know how it happened

We took the floor and she said

 

あいつに腕をとられて

何が何だかわからねぇうちに

このフロアに来て、言われたんだ

 

"Oh, don't you dare look back

Just keep your eyes on me."

I said, "You're holding back,"

She said, "Shut up and dance with me!"

This woman is my destiny

She said, "Ooh-ooh-hoo,

Shut up and dance with me."

Oh, come on girl!

 

「ほらちょっと、ドコ見てるの

見るのは私の眼だけでいいの」

言い返した「おいおい、どういうつもりだ」

言い返された「だまって私と踊ればいいの」

コイツ、シビれるじゃねぇの

また言いやがる「ほらほら

四の五の言ってないで私と踊る!」

 

Deep in her eyes

I think I see the future

I realize this is my last chance

 

アイツの眼の奥

未来ってやつが見えた気がした

マジでこいつはラストチャンスだ

 

She took my arm

I don't know how it happened

We took the floor and she said

 

アイツに腕をとられて

ワケ分かんねぇまま

連れて来られて言われたんだ

 

"Oh, don't you dare look back

Just keep your eyes on me."

I said, "You're holding back,"

She said, "Shut up and dance with me!"

This woman is my destiny

She said, "Ooh-ooh-hoo

Shut up and dance!"

 

「あっちこっち見てないの

私の眼だけを見てればいいの」

言ってやった「おいおい、なんかアヤしいな」

こう言ってきた「何でも無いから黙って踊って」

ああ、こんな奴を待ってたのかも知れないな

この一言だ「はいはい

いいから黙って私と踊ればいいの」

 

"Don't you dare look back

Just keep your eyes on me."

I said, "You're holding back,"

She said, "Shut up and dance with me!"

This woman is my destiny

She said, "Ooh-ooh-hoo

Shut up and dance with me."

 

「見るのはそっちじゃないでしょ

こっち。私だけを見てりゃいいの」

「何か隠してるだろ」

「どうでもいいでしょ、黙って踊って」

この女、最高だ

「ほらほら、こっち

喋ってないで私と踊るの」

 

Ooh-ooh-hoo, shut up and dance with me

Ooh-ooh-hoo, shut up and dance with me

 

ほら、一緒に踊っていれば

言葉なんて要らないでしょ

 

この曲について

 出だしからノリの良い、軽快なダンスミュージックです。この主人公、夜の街でろくでもない連中とずっと腐ってたのだと思われますが、そんな彼に一つの出会いが訪れます。主人公の腕を強引に掴み、ナイトクラブに連れこんでひたすら踊り明かす謎の女性です。
 主人公の何が気になってどこが気に入ったのかはさっぱり語られませんが「とにかく黙って私と踊んなさい」と主人公をリードし続けます。

 

 最初は訝しむ主人公ですが、次第にこれは運命の出会いなんじゃないかと思い始めてきます。最初は腰が引けてる主人公をぐいぐいリードしていく強引な女性が強烈にイメージできますが、曲が進むにつれ、そのノリに主人公も段々慣れてきて、お互いリードし合う、イーブンな関係にまで持ち込んでいっている姿が見えてくる気がします。

 

 そして最後の方では、言葉なんか交わさなくても、踊っているだけで通じ合える仲になっているかもしれませんね。理屈も何も無い、本当にノリと勢いだけの出会いですが、なんだかうまく行きそうな二人ですね。

 

 さて、この曲は2014年にウォーク・ザ・ムーンよりリリースされた曲で、アルバム「トーキング・イズ・ハード(Talking Is Hard)」からのシングルカットされています。アルバム名の「話すの、ムズい」に収録されるのにぴったりの曲ですね。


WALK THE MOON - Shut Up and Dance

 

 それにしてもこの曲を聴いた時、「あれ、懐かしいなぁ」と思いました。なので、多分自分が生まれた1980年代前半くらいに流行った曲だとばっかり思っていたのですが、こんなに最近だったんですね。曲調がどう聴いても昭和なのですが、それでも曲が良ければちゃんと流行るのがアメリカンポップスのいいところに思えます。

 ……PVも大分その頃を意識して作ってるようですね。

 

訳、言葉について

 kryptoniteという謎の単語が出てきますが、これはお馴染みのヒーロー映画「スーパーマン」に出てくる、スーパーマンが力を抜き取られてしまう鉱物だそうです。

 

 We were bound で、「我々は縛り付けられた」となります。Boundは、日本語で言うバウンド(弾む)の意味もありますが、Bind(縛る)の過去形、受身形でもあります。
 ただここの We were bound to get together に関しては、We をどう捉えるべきかちょっと悩みました。1番の時点で既に「主人公と彼女が夜の街という世界に縛り付けられて一緒に居た」のかとも思ったのですが、それだとその後で、彼女が主人公を強引に連れ去って行く展開があまりに唐突です。(いや、実際唐突なのですが、唐突さにドラマが無いと言うか)
 なので、1番の We は、夜の街で無気力にしている人達全員の事では無いかなと思います。そんな中に、この強引な彼女が颯爽と現れた方が、場面展開が鮮やかですし、後のシーンと辻褄が合う気がします。
 そして、2番で再び We were bound to get together のフレーズが出てきますが、この時の We は、主人公と彼女のことで、「もうこの二人はくっついて離れない」という表現に変わるのかなと思います。

Good Time / Owl City and Carly Rae Jepsen

Good Time / Owl City and Carly Rae Jepsen

 

Lyrics&訳

Whoa-uh-oh

It's always a good time

Whoa-uh-oh

It's always a good time

 

いつだって最高の時間

どんな時でもね

 

Woke up on the right side of the bed

What's up with this Prince song inside my head?

Hands up if you're down to get down tonight

'Cause it's always a good time

 

ベッドの横で目が覚めて

プリンスの曲がガンガン……あ、昨日どうしてたんだっけ

ま、いいや。今夜パーティーするやつ手ぇ上げて

いつだって今日は楽しい日、だろ?

 

Slept in all my clothes like I didn't care

Hopped into a cab, take me anywhere

I'm in if you're down to get down tonight

'Cause it's always a good time

 

何も考えずに着替えないで寝ちまった

ま、いいや。タクシー捕まえてどっか行こう

もしパーティーするなら俺も行くよ

いつだって楽しくできるもんだろ

 

Good morning and good night

I'll wake up at twilight

It's gonna be alright

We don't even have to try

It's always a good time

 

おはようって言って、おやすみって言って

多分明け方に目が覚めちゃって

でも気分は上がってって

確かめる必要なんて何もないだろ

絶対今日もいい日になるから

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try

It's always a good time.

 

今日も良い日に決まってる

確かめなくても分かってる

今日って言う日はいつでもいい日だ

 

Freaked out, dropped my phone in the pool again

Checked out of my room, hit the ATM

Let's hang out if you're down to get down tonight

'Cause it's always a good time

 

頭真っ白。また携帯プールに落とした

部屋中カード探してお金降ろして

パーティー行くなら一緒に行こうよ

だって今日も楽しい日、でしょ?

 

Good morning and good night

I'll wake up at twilight

It's gonna be alright

We don't even have to try

It's always a good time

 

お日様おはよう。お月様おやすみ

朝の前から目が覚めて

今日の予感に胸膨らませて

何が起こるか分からないけど

今日も絶対楽しい日になる

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time.

 

そうでしょ。何があっても今日は良い日

解かってるでしょ。疑う必要なんてないの

いつだって今日は最高の時

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time.

 

そう思わない?何が起きてもいい日にできる

何の根拠も必要ないでしょ

今日って言うのが一番いい時

 

Doesn't matter when

It's always a good time then

Doesn't matter where

It's always a good time there

Doesn't matter when

It's always a good time then

 

何時だなんて関係ないだろ

今が一番いい時じゃないか

何処だなんて関係ないでしょ

ここが一番いい所じゃない

タイミングなんて関係ないさ

この瞬間が最高じゃないか

 

It's always a good time

 

そうさ、今、この瞬間が!

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time

 

そうだろ。今を最高に楽しもうよ

ためらう必要なんて無いだろう

いつだって今を楽しめるんだ

 

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh, whoa-oh-oh

It's always a good time

Whoa-oh-oh, oh-oh-oh

We don't even have to try,

It's always a good time.

 

だからこの時を最高にしようよ

良いか悪いかを確かめるんじゃない

どんな時だって最高の時間にできるから

 

この曲について

 細かいこと気にしない!今日も楽しければそれでよし!っていうか毎日絶対楽しいし!そんなノリのパーティーソングですね。頭空っぽにして楽しめる曲だと思います。

 

 Aメロのところでは、日常の「あ~、またやっちゃった」感のある出来事が語られますが、まあ、それはそれとして、今夜皆と楽しくハジければそれでいっか……という、なんとも気持ちの切り替えの素早い主人公たちですね。先日紹介した Be Okay に一脈通じる所のある曲かなとも思います(こっちが先にリリースされた曲ですが)。

 

 さて、この曲はアウル・シティー(Owl City)とカーリー・レイ・ジェプセン(Carly Rae Jepsen)のコラボレーションで歌われた曲です。2012年、先にアウル・シティーが The Midsummer Station というアルバムからのシングルカットとしてリリースし、その後カーリー・レイ・ジェプセンも The Kiss というアルバムからシングルカットリリースしています。
 ※一応、企画主はアウル・シティー側のようなので、Owl City and Carly Rae Jepsen としました。


Owl City & Carly Rae Jepsen - Good Time

 

 日本国内でもノンアルコールビールのCMで頻繁に流れていた為、アウル・シティーは知らなくてもこの曲は知っているという方も多いと思います。Whoa-oh-oh, oh-oh-oh でサビの大半が成り立ってしまうので、耳残りもいい曲だと思います。

 

訳、言葉について

 You're down は、大きく分けて二つ意味があります。一つは「(君の)気分が落ち込む」、もう一つは「(君が)賛成する」です。どっちで訳しても成り立たせようと思えば成り立つような気もするのですが、後者の方が自然に他の歌詞と繋がったので、そちらを採用しています。

 

 Get down は主に「伏せる」という意味ですが、何故か「踊る」という意味もあり、そこから転じて「ノリ良く遊ぶ」のような言葉でも使われるそうです。こちらは、間違いなく後者かと思います。

Be Okay / Oh Honey

Be Okay / Oh Honey

Lyrics&訳

Fresh cut grass, one cold beer.

Thank the Lord I am here and now, here and now.

Summer dress, favorite park.

Bless your soul, we are here and now, here and now.

 

サクサクの芝生、キンキンのビール

神サマに感謝っ。だって今、私ここで生きてる

夏色ドレス、お気に入りの公園

皆に感謝っ。だって今、皆と生きてる

 

I'm wide awake, so what's the point of dreaming when your life is great?

Celebrate the feeling, celebrate the feeling.

 

目覚めスッキリ。だって、人生楽しい時に寝てる意味ある?

生きてるって感じるの。それが大事

 

Can't complain about much these days, I believe we'll be okay.

Oh oh oh oh, oh oh oh oh.

Can't complain about much these days, I believe we'll be okay.

Oh oh oh oh, oh oh oh oh.

We're screaming out, I believe we'll be okay.

 

この毎日に文句なんてないわ。皆大丈夫って信じてるから

ねえ、落ち込んでる場合じゃないでしょ

なかなか最近良い感じなの。皆満たされてるって信じてるから

ほら、元気出てくるでしょ

だから叫ぼう。私達これからも頑張れるって

 

Sun kissed skin on my lips.

Thank the Lord I am here and now, here and now.

Fireflies after dark.

Bless your soul, we are here and now, here and now.

 

私の口に、お日様のキッス

神サマ最高っ。生まれてきて本当に良かった

夏の夜に、蛍のダンス

皆最高っ。皆と一緒で本当に良かった

 

I'm wide awake, so what's the point of dreaming when your life is great?

Celebrate the feeling, celebrate the feeling.

 

寝てるなんて勿体ない。人生最高って思えたら夢の中なんてどうでもいいでしょ

実感するの。光も風も音も全部

 

Can't complain about much these days, I believe we'll be okay.

Oh oh oh oh, oh oh oh oh.

Can't complain about much these days, I believe we'll be okay.

Oh oh oh oh, oh oh oh oh.

We're screaming out, I believe we'll be okay.

 

最近毎日満たされてるの。皆これからも大丈夫だから

ねえ、そう思わない?

文句を言ってる時間が勿体ない。私達、これからも楽しく生きてく

ほら、そう思えてこない?

さあ、声に出そうよ。私達、明日からも頑張れるって

 

We'll be okay.

We'll be okay.

 

みんな最高

これからも最高

 

Can't complain about much these days, I believe we'll be okay.

Oh oh oh oh, oh oh oh oh.

 

このステキな毎日。これからもこんな感じでいこう

ねえ、そうでしょ

 

Can't complain about much these days, I believe we'll be okay.

Oh oh oh oh, oh oh oh oh.

Can't complain about much these days, I believe we'll be okay.

Oh oh oh oh, oh oh oh oh.

We're screaming out, I believe we'll be okay.

 

これ以上何も要らない。毎日みんなと仲良くいられるから

ねえ、そう思うでしょ

これ以上何を求めるって言うの。皆これからも最高だから

ほら、そう思えるでしょ

さあ皆で叫ぼう。私達、これからも最高の仲間だって

この曲について

 毎日の、ともすれば当たり前のようなことに対して改めて素晴らしさを見い出し、生きてるってだけで本当は凄く楽しく素敵なこと……ということに気付かせてくれる歌です。しかし全く説教臭い感じは無く、若者目線の軽快なノリの為に、とても前向きで衒いの無い曲だなと思います。

 

 歌詞の単語も少ない上に同じフレーズの繰り返しの多い、いい意味で頭を使わない本当にシンプルな曲です。確かに、変にごちゃごちゃ言葉を弄するのは、この曲の持つメッセージに合わないですよね。
 丸暗記するのもさほど苦労しない曲なので、覚えておくと元気を出したいときに便利かもしれません(笑)

 

 さて、この曲は2013年にオー・ハニー(Oh Honey)よりリリースされた曲で、ミニアルバム With Love に収録されています。とはいえ、彼らのアルバムが国内販売されたのはつい昨年みたいですが……。僕は例によってgleeでのこの曲を知ったのですが、彼らの曲は「あ、これgleeで使われそう」って思える曲が多い気がします。


Oh Honey: Be Okay [OFFICIAL VIDEO]

 

 そのgleeでこの曲が使われたのは、Season5の第13話。舞台「ファニー・ガール(Funny Girl)」の主役争いで険悪なムードとなっていたレイチェルとサンタナが、仲直りにこの曲を歌いました。



GLEE - Be Okay (Full Perfromance) (Official Music Video) HD

 

訳、言葉について

 We'll be okay ですが、取ろうと思えば色んなニュアンスに取れます。直訳すれば「私たちはこれからも大丈夫」ですが、じゃあ、その大丈夫ってなんでしょう。「元気」「楽しい」「悪くない」「仲良し」「問題ない」日本語でも「大丈夫」という言葉が含んでいる意味合いは多いので、同じように色んなシチュエーションで解釈すればいいのかなと思います。

 What's the point of は「それの要点は何?」となり、転じて「それの何が大事なの?」という問いかけのシチュエーションで使われるようです。

 Can't complain は直訳すると「文句が言えない」となります。これは、「不満なんて無いよ」から「悪くないよ」までのそこそこ幅広い肯定で使用できるようです。

 Sun kissed skin で、お日様に口づけされた肌……つまりは、日焼けした肌の事を指します。訳上では敢えて直訳の方を採用してますが、本来は Sun kissed skin on my lips で「日焼けした唇」となります。

Drive By / Train

Drive By / Train

 

On the other side of a street I knew

Stood a girl that looked like you

I guess that's déjà vu

But I thought this can't be true

 

いつもの通りの反対側でさ

お前に似た娘が立ってた

ああ、これがデジャヴってやつか

まあ、それが現実にはならないよな

 

'Cause you moved to west LA

Or New York or Santa Fe

Or wherever to get away from me

 

そうだろ。お前は行っちまった。西ロスだか

ニューヨークだか、サンタ・フェだか

まあ、どこだっていい。とにかくいなくなっちまったんだ

 

Oh but that one night

Was more than just right

I didn't leave you 'cause I was all through

Oh I was overwhelmed and frankly scared as hell

Because I really fell for you

 

ああ、でもあの夜は

光よりも眩しかった

俺はお前を放さなかった。ずっと一緒だった

だが何もできなかった。言っちまえば怖かったんだ

本気でお前にやられちまってたから

 

Oh I swear to you

I'll be there for you

This is not a drive by

Just a shy guy looking for a two-ply

Hefty bag to hold my love

When you move me everything is groovy

They don't like it sue me

Mmm the way you do me

Oh I swear to you

I'll be there for you

This is not a drive by

 

ああ、誓うよ

お前と一緒に居るって

一時の感情なんてもんじゃないんだ

シャイな奴が探し回ってる。二枚重ねの

ゴミ袋に自分の気持ちを隠す為に

お前が寄って来れば全部イケてるんだ

誰も文句も無いくらいに

なあ、いいだろ

そうさ、誓うさ

お前の傍に居るって

思い付きで言っているんじゃない

 

On the upside of a downward spiral

My love for you went viral

And I loved you every mile you drove away

 

螺旋階段を転がり落ちるように

俺の想いは病気じみていってた

お前が遠ざかる度、俺はお前を

 

But now here you are again

So let's skip the "how you been"

And get down to the "more than friends" at last

 

だけどまたお前は目の前にいる

久しぶりなんて言葉もすっ飛ばして

やっと”友達以上”ってやつにまで戻れた

 

Oh but that one night

Is still the highlight

I didn't need you until I came to

And I was overwhelmed and frankly scared as hell

Because I really fell for you

 

ああ、あの日の夜は

もう単なる思い出でいい

ここに来るまで、お前を諦めてた

何も言葉にならなかった。怖かった

本気でお前に惚れたんだ

 

Oh I swear to you

I'll be there for you

This is not a drive by

Just a shy guy looking for a two-ply

Hefty bag to hold my love

When you move me everything is groovy

They don't like it sue me

Mmm the way you do me

Oh I swear to you

I'll be there for you

This is not a drive by

 

だから誓うさ

ずっとお前についてる

単なる偶然じゃ終わらせない

気弱な奴が2枚重ねの

ゴミ捨て袋に気持ちを詰め込み

お前が来れば全てが最高だ

誰にもとやかく言わせやしない

さあ、だから来いよ

裏切ったりしない

お前を離れたりしない

この場限りになんてさせやしない

 

Please believe

That when I leave

There's nothing up my sleeve

But love for you

And a little time to get my head together too

 

なあ、信じてくれ

俺がお前を離れる時

そんなのどこ探したってあるわけない

あるのはお前への愛と

肩を並べる短い時間と

 

On the other side of a street I knew

Stood a girl that looked like you

I guess that's déjà vu

But I thought this can't be true

'Cause

 

いつもの通りの向かい

お前によく似た女

ただの幻だ

っておい、嘘だろ

だってお前は……

 

Oh I swear to you

I'll be there for you

This is not a drive by

Just a shy guy looking for a two-ply

Hefty bag to hold my love

When you move me everything is groovy

They don't like it sue me

Mmm the way you do me

Oh I swear to you

I'll be there for you

This is not a drive by

 

ああ、誓ってやるさ

いつも傍についてやるって

こんなの気まぐれで言えるわけないだろ

奥手な俺でも、丈夫に重ねた

袋からも気持ちが溢れる

お前が何かするたび心が躍る

何言われようと構いやしない

そうさ、いつも俺を向いていてくれ

もう迷わない

お前と一緒だ

俺は真剣なんだ

 

この曲について

 何か理由があって離れ離れになった恋人と、街角で偶然再会して再び燃え上がってしまう、そんな曲なのかなと思います。若干自身は無いですが……

 

 1番では、街角で昔の彼女に似た人を発見したものの、それは幻だと思います。それもそのはず、彼女は既にどこか遠くに引っ越しているようですね。もう忘れようとしたのか、どこに引っ越していったかまではよく覚えていないようですが、一緒に過ごした時間はまだ強く残っているようです。

 

 そして、そんな想い出が忘れられず、狂おしくなり始めた2番で、突然その彼女が目の前に現れます。それで、そんなやり場のなかった想いが溢れ出し、もう二度と離れないと相手を力強く口説き落とします。なかなかドラマチックな展開です。

 

 ではこの彼女、なぜ突然目の前に居るのか……というのが、Dメロで明かされます。1番で見かけた彼女に似た人、その人がどうも本当に彼女だったというオチのようです。内容はベタですが、シーンの展開順序としては、ポップスではあまり見ないかもしれませんね。

 

 さて、この曲はトレイン(Train)によって2012年にリリースされた曲で、収録アルバムはCalifornia 37です。ラテン系の情熱を思わせる出だしとあちこちカッコつけたサビで、聴いてすぐにハマってしまった曲です。暑い夏にピッタリかなと思って、今回訳してみました。


Train - Drive By

 

 にしてもこのPV、街角で偶然出会うどころか、どう見ても婚活パーティーなんですが……

 

訳、言葉について

 まずタイトルの Drive by をどう訳すればいいのか良く分からなかったのですが、どうも意味合いとしては「走っている車の中から何かをする」という感じのようです。Drive by shooting と言えば、走行中の車から人や動物を撃つことのようで。
 恐らく、この曲においては車の中からの声掛け、ナンパのような物かなと思います。そして、この曲では This is not drive by と言っているので、「そんな、"ヘイ彼女、ちょっと車乗ってかない?"みたいな軽いノリのつもりじゃないぞ」という事なのではないかなと思います。

 

 I was all through ですが、まずI was throughだと、「私は通り抜けた」→「私は終わった」という意味になるようです。これにAllが付くことで「私は最初から最後まで通り抜けきった」→「最初から最後までを経験した」という意味で捉えられるようです。なので、簡単に言えば「終始」と捉えれば良いのかなと思います。

 

 Overwhelm は「圧倒する」と言う意味です。受身で使って、感動したり怖かったりして声も出ないような時に使う言葉のようです。

 

 Frankly は「端的に言うと」「言ってしまえば」「ぶっちゃけて言うと」のようなニュアンスの言葉かなと思っています。

 

 Two-ply は少し悩みました。この ply というのはちょっと表現が難しいのですが、同じ物を2つ3つ使って、より強い1つにする……のようなニュアンスかなと思います。例えば、ティッシュのように2枚重ねで1枚とか、紐のように2本3本の紐を撚り合わせてより太い1本の紐にするとか、そう言った状態をTwo-ply とか Three-ply と呼ぶようです。
 で、これをこの曲の中でどう解釈したものかと思ったのですが、後に続くHafty bagがゴミ捨ての時に使う袋の事のようなので、これにかかっていて、2枚重ねのごみ袋……かな?でもなんでゴミ袋に愛を詰め込むんでしょう……

All The Way / Timeflies

All The Way / Timeflies

 

Lyrics&訳

First time I saw you, I knew right away

Made up my mind, you would be mine someday

You know I need you, so don't turn away

Cuz at the end of the day, I'll be alright

 

君を初めて見た時さ、直感したんだ

すぐに決めたよ。いつか君をモノにするって

惚れてるの知ってるだろ。つれなくするなって

色々考えたんだけどさ、何も問題ないって

 

Still I'm praying that you change your mind

I'll be okay

Cuz you'll come around eventually

 

今も君の気持ちが傾くことを祈ってる

きっと大丈夫

最後の最後は、きっと君は俺のもとに来てくれるって

 

Hey hey hey

When I love someone, I'm lovin' all the way

Hey-hey-hey

You know I'm the one to take you all the way

 

なあ、聞いてくれよ

好きになれる人がいると、いろんなものにワクワクするんだ

なあってば

解かってるだろ。君とずっといるのは俺なんだって

 

I know you hold back but just let it go

Cuz I just won't stand to watch you walk alone

Don't be afraid, you're not on your own

As long as you know we'll be alright

 

ためらう気持ちも解かるさ。でも振りきっちゃえよ

だって俺、一人ぼっちで歩く君は見てられないんだ

怖がるなよ。君は独りじゃない

考えるだけ考えてくれていいけどさ、俺たち結構アリだろ?

 

Still I'm praying that you change your mind

I'll be okay

'Cause you'll come around eventually

 

君の気持ちが変わらないんじゃないかってヒヤヒヤしてる

でも平気だ

結局は、俺のところに来てくれる。だよな?

 

Hey-hey-hey

When I love someone, I'm lovin' all the way

Hey-hey-hey

You know I'm the one to take you all the way

 

なあ、そうだろ

誰かを好きになると、俺はずっと好きでいられるんだ

なあ、決めちゃいなって

気づいてるんだろ。君のそばに居るべきなのは俺なんだって

 

(Oh oh ooh oh oh ooh)

(Oh oh ooh oh oh ooh)

 

I told you

When I love someone, I love them all the way

 

言っただろ

俺は惚れたら、とことんそいつを愛し続けるって

 

Hey-hey-hey

You know I'm the one to take you all the way

Hey-hey-hey

When I love someone, I'm lovin' all the way

Hey-hey-hey

You know I'm the one to take you all the way

 

You know I'm the one to take you all the way

 

なあ、もういいだろ

認めちゃいなって。俺こそがずっと一緒にいるべき奴だって

なあ、何悩んでるんだ

好きな奴がいる時の俺は、いっつも優しいんだぜ

なあ、もう観念しなって

ほらもう、ずっと一緒でいるのは俺でいいかなって思っちゃってるだろ

 

この先、ずっと一緒でいるのは俺がいいかなって思っちゃってるだろ

 

この曲について

 お前に惚れた!ずっと一緒に居ようぜ!ほら、実はもうそっちもその気になっちゃってるんじゃね?そんな感じの曲のようです。

 

 この主人公、相手に一目惚れしてしまったようですね。少なくとも1番の状況では、まだ相手は主人公に対してはその気はないようです。しかしこの主人公、全く諦めることを知りません。それどころか、相手も自分の事を好きになる筈と信じて突っ走っています。若いっていいなぁ(笑)

 

 まだ全然そんな気のない相手に、一人テンション高くひたすら口説き続けると言う様は、下手をすればはた迷惑に映りかねないかもしれません。しかし、このシチュエーションを彩る、なんとも爽やかなサウンドと突き抜けた声が、この主人公に明るくて率直でちょっと軽い、そんな憎めない性格を印象付けている気がします。ここまで屈託なく来られると、相手の方も折れるかもしれませんね。
 そんな風にグイグイ来られているうちに、相手もだんだん主人公に心が傾きかけていってるんだろうなと、そんな心情の変化がありありと想像出来る所が、この曲の魅力じゃないかなと思います。

 

 とまあ、曲の内容云々は横においといて、ただ聴いているだけでスカッと爽やかな気分になれる曲ですね。これからの夏に是非どうぞ。

 

 さて、この曲はタイムフライズ(Timeflies)によって2014年にリリースされた曲で、アルバムAfter Hoursに収録されています。

 時期も時期なので、何か夏らしい曲聴きたいな~といろいろ探していた中で見つけた曲でした。これ聴いてると、本当に嫌な気分も吹っ飛びます。3分ちょっとで終わってしまうのが勿体ないくらいです。


Timeflies - All The Way (Official Music Video)

 

 また、この曲にはリリックビデオが用意されているのですが、これがまたいいんですよ!是非ご覧になってみて下さい。


Timeflies - All The Way(Lyric Video)

 

 Timefliesは割と発音が聞き取りづらいので、歌詞チェックにも何気に役立ちました(笑)

 

訳、言葉について

 短い歌詞ながら、結構イディオムが多い曲ですね。まず、Right awayは「即座に」という意味になります。今回のノリで口語訳するなら「速攻で」とか「一発で」とか、そんな感じの意味でしょうか。

 

 Make up my mindで、「気持ちを固める」とか「決心」するという意味で使えるようです。

 

 at the end of the dayは、直訳すれば「最後の日には」となりますが、転じて「結局は」という意味で使えるそうです。また、そこからさらに派生して「色々考えてみたんだけれどさ」というニュアンスにもなるようです。また、その後に出てくるeventuallyも同じく「結局は」という意味の言葉です。

 

 be alright で「大丈夫、何も問題ない」という意味で使用されます。個人的には、同じ「問題ない」のNo problemよりも軽くて前向きな雰囲気で「問題ないでしょ。イケるイケる」ぐらいに思っているのですが、どうなんでしょう。

 

 Hold backは、前回のLove Yourselfにも良く出てきましたが、「ためらう」とか「後ろ髪引かれる」とか、そんなニュアンスで捉えればいいのかなと思います。

 

 Let it goは、ありのままの……ではなく、「束縛しない」というようなイメージです。その為「好きにさせてやれ」「引き留めるな」「放っておけ」といった場面で使える言葉です。

 

 As long as you knowは、直訳すると「あなたが知っている程度の長さ」ですが、意味合いとしては「あなたの知る限り」となります。

 

 そしてこの曲のタイトルでもありキーフレーズでもあるAll the wayは、the way(道)のall(最初から最後まで全部)ということになり、そこから「この先ずっと」という意味で使えます。
 また、別の使い方になりますが、「はるばる」とか「わざわざ」という意味で使うこともありますし、「幅広く」という意味もあります。lovin' all the wayの部分は、この「幅広く」の意味で捉えても良いと思います。

livedoor プロフィール
関連アーティスト検索
検索