さて、この曲はなんて言ってるのだろう

英語は苦手ですが、洋楽を和訳しながらあれこれ意味を調べたり考えたりするのは好きなので、その勢いで書いています。
意訳と偏見だらけですが、ご容赦ください。

Cherの関連記事一覧

Believe / Cher

 

f:id:Sasakichi:20161204050052p:plain

Lyrics&訳

No matter how hard I try

You keep pushing me aside

And I can't break through

There's no talking to you

It's so sad that you're leaving

It takes time to believe it

But after all is said and done

You're gonna be the lonely one

 

どれだけ頑張ってみたところで

もう私はどうでも良くなったんでしょ

もう戻ることは出来ない

もう何も言うことは無いわ

あなたが離れるのは辛いことだし

受け入れるのには時間がいるわ

何だかんだ言ったところで

独りになりたいってことなんでしょうけど

 

Do you believe in life after love

I can feel something inside me say

I really don't think you're strong enough

Do you believe in life after love

I can feel something inside me say

I really don't think you're strong enough

 

この愛が終わった後の人生を信じられるの?

私の中のもう一人の私が言うの

あなたはそんなに強くないって

本当にこのまま終わっていいの?

心のどこかでこう思ってる

あなたはどこかで後悔するって

 

What am I supposed to do

Sit around and wait for you

Well I can't do that

And there's no turning back

I need time to move on

I need a love to feel strong

Cause I've got time to think it through

And maybe I'm too good for you

 

どんな風にしてればいいのかしらね

座ってあなたを待ち続けるとかかしら

まあ無理ね

もう何も戻ってこないし

時間が欲しい。気持ちを切り替えるには

愛が欲しい。気持ちを強くするには

随分あれこれ考えたけど

多分、私がいい女過ぎたってことよね

 

Do you believe in life after love

I can feel something inside me say

I really don't think you're strong enough

Do you believe in life after love

I can feel something inside me say

I really don't think you're strong enough

 

この愛の無い人生でいいって言うの?

私の中の何かが言ってる

あなたはそこまでタフじゃない

この先良くなるって信じてるの?

私はまだ納得してない

あなたはいつか耐えられなくなる 

 

Well I know that I'll get through this

'Cause I know that I am strong

I don't need you anymore

I don't need you anymore

I don't need you anymore

No I don't need you anymore

 

ええ、私なら乗り越えられるわ

だって、私は自分の強さを解かってる

私にあなたは必要ない

これ以上いなくても平気

あなたがいなくてもやっていける

そう、あなたなんか傍にいなくたって

 

Do you believe in life after love

I can feel something inside me say

I really don't think you're strong enough

Do you believe in life after love

I can feel something inside me say

I really don't think you're strong enough

 

でもあなたは本当にこの先やっていけるの?

私はどうもこう思ってるみたい

あなたは弱さを持った人だって

私なしで生きていけると思っているの?

私、信じてるわ

あなたはいずれ戻ってくるって

 

この曲について

 タイトルが単にBelieveなので、夢に向かっての決意の歌とか、そんな感じの曲なのかなと思ったのですが、全然違いましたね。タイトルに反して、恋人との別れの状況が描かれているようです。そして、どうもその別れを最初に告げたのは相手の方のようですね。それに対する自分の心情を歌っているのだと思われます。

 

 別れを告げてきた相手に対して、一応主人公はもうどうしようもないことを解かっており、「どうせ何を言ってもムダ」とあきらめた様子を口にしています。

 がしかし、次のサビでは未練の言葉を投げかけます。この先良いことがあるとでも思っているのと。そして、あなたは一人で生きていけるほど強い人ではないと仕切りに投げかけます。やっぱり、主人公は諦めきれていないんでしょうね。

 

 2番では、ちょっと強気な発言でなんとか前を向こうとしていますね。ただ待っているだけだなんて冗談じゃない。よく考えてみたら、自分はあなたには勿体ないと。そして、自分にとってあなたはこれ以上必要ない。私だって一人でやっていけると何度も宣言します。ここは本当に強気と取るか、強がりを言っていると取るかは人それぞれかもしれませんね。

 

 ところで、この曲のタイトルBelieveは、サビの「あなたは愛を終わらせた後の人生を信じられるの?」という問いかけで出てきています。しかし、この曲を通してみてみると、至る所で

 

 ・自分は決して愛される価値の無い人間なんかではない

 ・自分は、あなたなんかいなくても十分にやっていける強さを持っている

 ・あなたはいずれ私と別れたことを後悔する

 

 ……と、何度も何度も繰り返していることが分かり、つまりこれは、実際は必死で自分自身を信じるという意味で、Believeってことなのでしょうね。また、もしかしたらこの別れは相手の一時の気の迷いで、いつかまた自分のところに戻って来ると心の何処かで信じているという意味も込められているかもしれません。そう考えると、なかなか想像力を掻き立てられるタイトルだなと思います。

 

 さて、この曲は1998年にリリースされた曲で、これも前回のMakes No Difference同様、エリート・ビート・エージェントという音ゲーで使われた曲から選んでみましたが、この曲ってCherだったんですね。以前訳したYou Haven't Seen The Last Of MeでCherは初めて知ったのですが、とっくに知っている曲があるとは思ってませんでした。(ゲームの中では違う人が歌っているので)

 自分の中でCherはYou Haven't Seen The Last Of Meの人(笑)なので、こんなクラブ系のノリのいい曲が合うイメージが無かったのですが、実際に聴いてみると何ら違和感が無くて、改めてCher凄いなと思ってしまいました。

 


Cher - Believe (Offical Music Video) HD-Quality

 

 なお、Cherはこの曲でグラミー賞を受賞しており、またこの曲のCherの声にかかっている特徴的なエフェクトも、この曲で有名になったそうです(※なので、シェール・エフェクトというらしいです)。そう考えると、音楽シーンに一石を投じた曲でもあったんですね。僕はてっきりこのエフェクトはDaft PunkのOne More Timeが最初かと思っていたのですが……

 

訳、言葉について

 あちこち繰り返しの言葉だらけなので、その部分は全く原形を留めないくらいの意訳に走っています。ご容赦下さい。使用されている言葉はさほど難しくないものばかりなので、是非自分なりに訳してみて下さい。

 

 No matter how I hard tryのNo matterは、この言葉だけを取ってみると「構わない」という意味になりますが、No matter how となると「どれだけ~したところで」というニュアンスの言葉になります。

 

 なお、After all is said and doneは、Des'reeのLifeでも出てきましたね。訳しているうちに覚えた熟語がまた出てくるとなんか嬉しく思ったりします。

 

You Haven't Seen the Last of Me / Cher

f:id:Sasakichi:20160821025321p:plain

Lyrics&訳

Feeling broken
Barely holding on
But there's just something so strong
Somewhere inside me

 

打ちひしがれて
生きるのがやっと
けど、まだ熱い何かがある
私の中の何処かにあるわ

And I'm down but I'll get up again
Don't count me out just yet

 

そうね、今は惨めなもんよ。けど立ち上がる
私を見限るなんて10年早いわ

 

I've been brought down to my knees
And I've been pushed way past the point of breaking
But I can take it
I'll be back, back on my feet
This is far from over
You haven't seen the last of me
You haven't seen the last of me

 

崩れ落ちて
つき落とされて
けどこんなの何でもない。
また…また戻ってきてやるわ
まだこれからよ
これで終わりだなんて思わないで
今に見てなさい

 

They can say that
I won't stay around
But I'm gonna stand my ground
You're not gonna stop me

 

軽々しく言ってくれるわ
私はいなくなるって?
お生憎様、そんなつもりはないの
止められるものなら止めてみなさい

 

You don't know me, you don't know who I am
Don't count me out so fast

 

私が誰だか思い知らせてあげるわ
何か言うのはそれからにして貰える?

 

I've been brought down to my knees
And I've been pushed way past the point of breaking
But I can take it
I'll be back, back on my feet.
This is far from over
You haven't seen the last of me

 

這いつくばって
転げ落ちて
でも耐えられる。
また、あの日々を手に入れるの
まだやれることはいくらでもあるわ
これで終わりと思ったら大間違いよ

 

They will be not fade out, this is not the end
I'm down now but I'll be standing tall again
Times are hard but I was built tough
I'm gonna show you all what I'm made of

 

道は見えている。まだ先がある
倒れていても、また立ち上がるわ。一際気高く
苦しい日々。それが私を強くしたわ
私の生き様を見せてあげる

 

I've been brought down to my knees
And I've been pushed way past the point of breaking
But I can take it
I'll be back, back on my feet.
This is far from over

 

膝を折って
振り出しに戻され
でも受けて立つわ
そして、必ず戻ってくる
こんな所では終わらない

 

I'm far from over

 

私はまだ終わらない

 

You haven't seen the last of me

 

今に見ていなさい

 

No, no. I'm not going nowhere
I'm staying right here
Oh no, you won't see me begging
I'm not taking my bow

 

他の何処にも行くわけないわ
此処こそ私の居る場所よ
惨めに縋りついたりしない
あなたに下げる頭は無いわね

 

Can't stop me, it's not the end

止めないで頂戴。まだこれからよ

 

You haven't seen the last of me
Oh no, you haven't see the last of me
You haven't seen the last of me

 

これで終わりだなんて思わないで
今に・・・
今に見ていなさい

  

この曲について

「これで終わると思うな、今に見ておれ愚か者ども」……こんな感じの一文に尽きると思います。本当にこれだけを、言葉を変え表現を変え言っているだけです。しかしだからこそ、各フレーズの隅から隅にまでこの気迫が行きわたっており、韻踏みなどのテクニックを優先した単語や表現が無い所が、この曲が持つ芯の強さを一層際立たせているのではないでしょうか。またそこにシェールの深い声がぴったりハマっていて、聴いていて思わず拳を静かにグッと握りしめてしまいそうな曲になっています。

 

 冒頭はピアノの伴奏のみの厳かな雰囲気で、自身に「まだやれる」と言い聞かせながら、凛として逆境に立ち向かうという、何かの物語の一枚絵にでもなりそうな予感を覚えます。

 ……が、そんな上品な絵面は初めの4節までで、この曲ときたらこれ以降は、周囲を敵意たっぷりに睨んで大見得を切り、指でも突き付けて己の執念を撒き散らしているような、なんとも荒々しいシチュエーションで満ち溢れています。特に2番のサビが終わってからは曲調が一転して攻撃的な味を持ち、そのあとには転調までするという昂まりぶりで、溜まりに溜まったあらゆる思いを怒涛の如くぶち撒けている姿が、有り有りと目に浮かびます。聴いていて「ああ、本当にこの人は全ての敵を叩きのめして復活を遂げるんだろうな」という確信が持ててしまいます。

 

 このような印象の曲ですが、あえて自分の芯を保つ為の内側に向けた曲として解釈し直したら、それはそれで面白いかもしれませんね。ラストの呟くようなYou haven't seen the last of meが、だいぶ印象が違って聞こえる気がします。

 

 この曲は映画「バーレスク(原題:Burlesque)」の中で歌われます。映画内ではシェールが、バーレスクというショーパブの女将である「テス」の役として登場するのですが、このバーレスクは経営が行き詰まっており、もはや手放さなくてはならないという状況に瀕しています。そして、その失意の中でテスが歌うのがこの曲です。

※この時、この曲のCDが画面に出てくるのですが、そこには単にLast of meとだけ書かれているので、映画をご覧になった方はこのタイトルで記憶されてるかもしれないですね

 実は、この映画を初めて観た時は既に深夜だったので、ソファーに横になって眠気と格闘しながら観ていたのですが、この曲が始まって最初の「Feeling」のたった一語を聞いた瞬間「何だこの歌声⁉」と飛び起きてしまいました。恥ずかしながら、この映画を観るまでシェールという歌手を知らなかったのですが、底知れぬ程の深さと弦楽器のような艶を併せ持った声に、背筋が震えて眠気が一発で吹っ飛んだ事を今でも思い出します。そんな彼女の歌声と共に、一度は折れかけたテスの心が、曲に同調するかのように強さを取り戻していく姿は圧巻の一言です。

 

 Youtubeでもこのシーンを見ることは出来ますが、未見の方は是非映画で最初からご覧ください。(リンクは曲と歌詞のみのバージョンです)


You Haven't Seen The Last Of Me By, Cher (Lyrics) (Orignal)

 

訳、言葉について

 ちょっと今でも良く分かっていないのが、サビに出てくるI've been pushed way past the point of breaking という部分です。今回の訳にあたっては

 

・かつて(past)

・どん底に落ちた人生の分岐点(the point of breaking)に

・続く道(way)に、

・押し戻された(I've been pushed)」

 

 という解釈で進めてみたのですが、いかがでしょうか。
※余談ですが、「I've been pushed」だけで、お金に困っていた、という意味になるらしいですね(Weblio調べ)。確かにバーレスクはお金に困っていますね……(でもまさか歌詞上で「金に困ってる」なんて表現にはしないと思いますが)


 あとI'm not going nowhereも、あれ?と思った部分でした。てっきり

 

・I'm going nowhere(どこにも行かない)

 

 だから

 

・I'm staying right here(ここにいる)

 

 なのではないのかなと思い、念の為に曲を何度か聴き直してもみたんですが……notが入っているようにも聞こえますし、入ってないようにも聞こえます。日本人の耳って厄介ですね、本当。

 ただよく考えれば、nowhere単体で「どこにもない」という意味になるので、

 

・I'm not going nowhere(私に目指せない場所などどこにもない)

 

 という意味として捉えられるなと思いました。そうすると、次のフレーズは

 

・I'm staying right here([だから]自分が去ることになると皆が思っているこの場所にだって、私は居ることが出来る)

 

 ということになるのでしょうね。not一つで、後のニュアンスがだいぶ変わるものだなと思いました。

 

※2017/03/13追記

 Bad Dayを訳した後で改めて上記の部分を見て、ここは二重否定ではなく、nowhereのnoが否定の意味を持たない表現になるのではないかと思い至りました。その為「I'm not going nowhere=私は何処にも行くつもりが無い」というニュアンスに訂正させて頂きます。申し訳ありません

 

 また、最後の辺りでYou won't see me beggingという部分がありますが、ここがYou won't see me fadingと書かれているケースもあります。今回もこの曲はLISMOで購入しており、歌詞はYou won't see me beggingとなっていたのですが、映画の字幕はどうだったんでしょう。

 正直、どちらでも意味は通じますし、曲のメッセージ性にも影響は有りません。困ったことに、曲を聴いてみてもどっちにも聞こえます。ただ、この後にI'm not taking my bow(頭を下げるつもりはない)というフレーズが控えていることから、Begging(縋りつく)という単語の方がFading(ぼやける)という単語よりしっくりくるかなと思います。また、fadeという単語はこの曲の別の場所で使われている為、再度別のフレーズでfadeを使うことは表現上避けるのではないかなという読みも含め、Beggingで訳すことにしました。


 

livedoor プロフィール
関連アーティスト検索
検索