さて、この曲はなんて言ってるのだろう

英語は苦手ですが、洋楽を和訳しながらあれこれ意味を調べたり考えたりするのは好きなので、その勢いで書いています。
意訳と偏見だらけですが、ご容赦ください。

I Smile / Kirk Franklin

I Smile / Kirk Franklin

Lyrics&訳

I dedicate this song to recession

Depression and unemployment

This song's for you

 

さあ、こんな世の中だからこの歌を歌おう

景気が悪いね。仕事も無いね

そんな今日を生きる皆に、この歌を

 

Today's a new day, but there is no sunshine

Nothing but clouds, and its dark in my heart

And it feels like a cold night

 

さあて、今日から心機一転。でもちっとも光が射してこない

あるのは黒い雲に、暗い心

夜の空気みたいな冷たい気持ち

 

Today's a new day, where are my blue skies

Where is the love and the joy that you promised me

You tell me it's alright?

(I'll be honest with you)

 

今日から一から出直したい。けど、青い空は一体何処に?

一緒に約束交わした愛は?あの喜びは?

大丈夫って気持ちはどこに?

(おっと、僕は君に嘘はつかない)

 

I almost gave up, but a power that I can't explain

Fell from heaven like a shower now

(When I think how much better I'm gonna be when this is over)

 

何もかも投げ出しちゃった。でも、なんだかうまく言えない力が

空から私に降り注ぐのを感じてる

(もっと良くなるって気持ちがあれば、こんな日々はそこで終わりさ)

 

I smile, even though I hurt see I smile

I know God is working so I smile

Even though I've been here for a while (what you do?)

I smile, smile..

It's so hard to look up when you've been down

Sure would hate to see you give up now

You look so much better when you smile, so smile

(Now everyday ain't gonna be perfect

But it still don't mean today don't have purpose)

 

笑うんだ。痛い思いをしたとしても笑うんだ

知っているんだ。神様はちゃんと見ていることを

こんな日が例え続くとしたって

泣いたりしない。挫けたりしない

落ち込む君を見るのは辛いし

諦めるとこなんて見たくもない

笑った君が素敵だから。笑った君がね

(さあ皆、毎日が素敵になるとは限らないけど

だからって今日が無意味だなんてことは無い筈だろう)

 

Today's a new day, but there is no sunshine

Nothing but clouds, and it's dark in my heart

And it feels like a cold night

(It ain't easy but)

 

さあ今日から違う自分。でもなんだか空はいまいち

曇り空に、澱んだ気持ち

夜が来たような心細さ

(そう、人生って楽じゃない。けど)

 

Today's a new day, but tell me where are my blue skies

(Where's that love, ya'll?)

Where is the love and the joy that you promised me

You tell me it's alright

 

昨日までを忘れたい。でもあの青空が戻ってこない

(愛もどこ行ったんだろうな、一体)

本当、君がくれた愛も、喜びも

大丈夫って言葉も全部

 

(The truth is)

I almost gave up, but a power that I can't explain

(The holy ghost power, ya'll)

Fell from heaven like a shower now

(Now I know we've been hurt, ya'll... But still)

 

(真実は)

もうとっくに限界なのに、この力は何なんだろう

(聖霊の成せる業だよ)

天から浴びせかけられる、この力は

(皆辛いこと、分かってる。でもだからさ)

 

I smile, even though I hurt see I smile

I know God is working so I smile

Even though I've been here for a while

I smile, smile..

It's so hard to look up when you've been down

Sure would hate to see you give up now

You look so much better when you smile

 

笑おうよ。痛みを感じた時こそ笑おうよ

ほら神様が見てる。笑顔を返そう

例え何も変わらなくたって

泣いたらいけない。挫けちゃいけない

辛くしてる君。見る私も辛い

諦める君は見たくはないの

素敵な笑顔を知っているから。素敵な君を

 

(Let's go)

Smile.. for me

Can you just smile... for me

(Whatever you're in right now)

Smile.. for me

Can you just smile... for me

 

(さあ)

私に笑って

ただ、笑ってくれれば

(いいから、今すぐに)

私に笑顔を

私にその素敵な君の笑顔を

 

(And my people say)

ohohoh you look so much better when you

ohohoh you look so much better when you

ohohoh you look so much better when you

ohohoh you look so much better when you

ohohoh you look so much better when you

(and while your waiting)

ohohoh you look so much better when you

(and while your praying)

ohohoh you look so much better when you

(look in the mirror)

ohohoh you look so much better when you

(always remember)

You look so much better when you smile

 

(さあ皆言ってあげよう)

君はとっても素敵

そう、とってもね

見てると幸せになれる

怒った顔なんかじゃなくて

澄ました顔なんかじゃなくて

(こうやって待ってる間も)

辛いこともあるけど

(こうやって祈ってる間も)

悲しい時もあるけど

(ほら、鏡を見て)

君はとっても素敵

(覚えていて)

笑った君は、とてもね

 

I almost gave up, but a power that I can't explain

(But the holy ghost power, ya'll)

Fell from heaven like a shower now

(Handships difficulties)

Right now

(Tears, this what I do)

 

もう全部諦めたのに、何か力のような物が

(神様が遣わした力だよ)

空から私に降りてくる

(試練や苦難もあるけど)

そう、今感じる

(切り開く。ただそれだけだ)

 

I smile, even though I hurt see I smile

I know God is working so I smile

Even though I've been here for a while

I smile, smile..

It's so hard to look up when you've been down

Sure would hate to see you give up now

You look so much better when you smile

So smile

 

さあ、笑おう。嫌なことが押し寄せても笑おう

知ってるから。神様はその御手を止めたりしない

だから今すぐに報われなくても

私は笑う。そう、笑顔でいよう

君が落ち込まなくていいよう

君が投げやりにならないよう

君が素敵な笑顔でいられるよう

私は笑おう

 

ohohoh (Dallas) you look so much better when you

ohohoh (New Orleans) you look so much better when you

ohohoh (Cleveland) you look so much better when you

ohohoh (Detroit) you look so much better when you

ohohoh (Philly) you look so much better when you

ohohoh (Jersey) you look so much better when you

ohohoh (L.A) you look so much better when you

ohohoh (All my people say) you look so much better when you

Smile...

 

(ダラス)ほら、君はとても魅力的だ

(ニューオーリーンズ)そうさ、とてもいい顔じゃないか

(クリーブランド)気づいてないのかい

(デトロイト)ほら、元気出して

(フィリー)落ち込んでないで

(ジャージー)勿体ないよ

(ロサンゼルス)君は素敵じゃないか

(さあ皆、教えてあげて)君はとっても素敵なんだ

笑顔の君は

 

See I just don't want ya to be happy

Cuz you gotta have something happening

I want you to have joy

Cuz can't nobody take that from you

I see you.. SMILE!!

 

ただ幸せならそれで良いだなんて思わない

人生、色んなことが起きるからね

喜びを忘れないことこそが大事なんだ

それだけは誰にも奪えないからね

見たいのは君の、その笑顔

 

この曲について

 日本でも、笑う門には福来るという諺がありますが、これをテーマにした曲は思いの他多く、この曲もそんな曲の中の一つです。
 不景気で、世の中思うようにいかず、憂鬱な日々が続く。今日こそは良い日になるようにと願っても、結局昨日と同じ……そんな状況ですが、沈んだ顔をしていたって状況が良くなるわけではありません。だったら、笑っていた方がずっといいんでしょうね(って、そう簡単にはいかないですが……)

 

 ただ実際、笑顔は周囲の人に好影響を与えることは良く知られているので、単なるお説教めいただけの教えでは無いようです。笑顔で人に与える影響は、また一つの笑顔を生み、それがまた……という笑顔の連鎖が生まれれば、いずれそれは広いエリア……世の中が変わり、自分に帰って来る。……とまあ、そこまでうまくはいかないかもしれませんが、いずれにせよ、怒ったり落ち込んだりしているよりはプラスでしょうね。

 

 さて、この曲はカーク・フランクリン(Kirk Franklin)によって2011年にリリースされた曲です。カーク・フランクリンは主にゴスペル系のアーティストで、オリジナルは勿論、ゴスペルアレンジしたカバーソングも出しています。もし興味がありましたら是非他の曲も聴いてみて下さい。



Kirk Franklin - I Smile

 ゴスペル系の曲と言うこともあり、彼自身が歌うより、クワイヤーが歌ってる部分の方が多かったりすることもありますが(笑)

 

訳、言葉について

 Recession、Depressionは、いずれも不景気を指す言葉です。後者のDepressionは、精神的に参っている状態、鬱状態を指す言葉でもありますので、どちらで訳しても良いかと思います。

 

 途中、ちょこちょこ入るYa'll ですが、これはYou will の省略形のYou'llの更に簡略系です。

 

 My peaple は、自分の身内を指す言葉です。良く「よう兄弟」と言うように、他人でも身内のように接する話し方をすることが有りますが、これもその一つと考えればよいかなと思います。

What a Wonderful World / Louis Armstrong

What a Wonderful World / Louis Armstrong

 

Lyrics&訳

I see trees of green, red roses too

I see them bloom for me and you

And I think to myself what a wonderful world

 

木々は青く、薔薇は赤く

目の前に咲く。僕に、君等に

そして言い聞かせる。世界は素晴らしい、と

 

I see skies of blue and clouds of white

The bright blessed day, the dark sacred night

And I think to myself what a wonderful world

 

空の蒼、雲の白

陽に洗われる日、穢れ無き夜

問いかける。世界は素晴らしいだろう、と

 

The colors of the rainbow so pretty in the sky

Are also on the faces of people going by

I see friends shaking hands saying how do you do

But they're really saying I love you

 

空浮かぶ虹。愛らしき色

行き交う顔にも宿るその色

交わされる握手。宜しくの声

その裏にいつも、愛している、と

 

I hear babies cry, and I watched them grow

They'll learn much more than I'll ever know

And I think to myself what a wonderful world

 

Yes, I think to myself what a wonderful world

 

子等の泣き声、育つ姿

幾つもを覚え、嬉しく裏切る

改めて思う。この世界は素晴らしい、と

 

そう。この世界は素晴らしいのだ、と

 

この曲について

 目の前にある、当たり前の光景、いつもの日常に改めてフォーカスを当てることで、この世界の素晴らしさを改めて感じる曲です。

 

 ですが、それは裏を返せば、改めてそのようにして見ないと世界の良さが見えないという事なのかもしれません。そんな思いが現れているのが、この曲のキーフレーズでもある I think to myself what a wonderful world だと思われます。
 単に普段から「世界って素晴らしいな」と感じているのであれば、I think what a wonderful world でいい筈ですが、わざわざ間に to myself を付けて想いの方向を自分自身に向けているということは、世界の素晴らしさを自分自身に言い聞かせているということになります。

 

 そうなると、この歌い手は一度世界に絶望しているのではないか、という背景が推察されます。世の中の汚い部分、見たくもない部分を目の当たりにしてしまったのかもしれませんし、何かあって生きて行くことが辛くなってしまっているのかもしれません。
 ですが、それでもなお主人公はちゃんと生きて行こうします。その為に、改めてこの世界をもう一度信じてみようと、普段の何気ない景色から日常風景に至るまでの中に希望を見い出すのが、この曲なのかなと思います。

 

 さて、この曲はルイ・アームストロング(Louis Armstrong)によって、1967年にリリースされた曲です。邦題は「この素晴らしき世界」となっています。日本国内は勿論、様々な国でカバーされており、映画やCMでも起用されることが多いので、殆どの方はどこかで聴いたことがある曲でしょうね。


Louis Armstrong - What a wonderful world (1967)


 世界の良い面、悪い面を捉えた曲という事では、以前 From a Distance という曲もご紹介してますので、そちらも是非どうぞ。

 

訳、言葉について

 Sacred は、「神聖な」とか「宗教的な」という意味を持つ言葉です。

 

 Going by は、「行く」とか「過ぎ去る」という言葉になります。今回では、街、もしくは同じ時代を行き交う人々のイメージでこの言葉が使われているのだと思われます。

 

 How do you do は、あまり今この言葉を使っているのを見たことが無いのですが「ごきげんよう」とか「お会いできて光栄です」に相当する言葉です。僕が小学生の時(25年位前)にアメリカンスクールとの交流会において、この言葉で初めましてを伝えましょうと言われて使ったことがありますが……今思うとあの時代でも既に古い言葉だったかもしれません。

Heal The World / Michael Jackson

Heal The World / Michael Jackson

Lyrics&訳

There's a place in your heart

And I know that it is love

And this place

Could be much brighter than tomorrow

 

君の心にある場所

それはとても素晴らしいんだろうな

そうだね、この場所は

明日、光が陰ってしまうかもしれない

 

And if you really try

You'll find there's no need to cry

In this place

You'll feel there's no hurt or sorrow

 

でももし君が、心の底から

悲しまずに済む場所を求めた時

この場所には

苦しみも痛みも無いと気づくだろう

 

There are ways to get there

If you care enough for the living

Make a little space

Make a better place

 

道はある

生きることを本気で考えた時

その場所は作れる。小さくても

今より良い場所が

 

Heal the world

Make it a better place

For you and for me

And the entire human race

There are people dying

If you care enough for the living

Make it a better place

For you and for me

 

世界を癒そう

悪い処を治していこう

君の為に、僕の為に

そして全ての人々の為に

毎日、人々は死んでいく

その命に想いを馳せた時

世界はもっと良い場所に

そしてそれは、僕たちの為に

 

If you want to know why

There's love that cannot lie

Love is strong

It only cares of joyful giving

 

何故か知りたいかい?

愛に嘘は無いってことを

愛って強いんだ

与える喜び。それさえあればいいから

 

If we try we shall see

In this bliss we cannot feel

Fear of dread

We stop existing and start living

 

目を背けることをやめてみた時

無上の喜びに洗われるだろう

恐怖が

命が途切れ、この世から消えることへの恐れが

 

Then it feels that always

Love's enough for us growing

So make a better world

Make a better world

 

それはいつも、僕らに教えてくれる

愛が僕らを育ててくれてるって

世界がこれから良くなるよう

もっと良くなるよう

 

Heal the world

Make it a better place

For you and for me

And the entire human race

There are people dying

If you care enough for the living

Make a better place

For you and for me

 

世界の傷を塞ごう

もっと世界は良くできる筈

君と、僕と

ここで生きてる人々の為に

今この時も、多くの命が奪われている

君がそれを心の底から悼むだけで

世界は良くなる

君にとっても、僕にとっても

 

And the dream we were conceived in

Will reveal a joyful face

And the world we once believed in

Will shine again in grace

Then why do we keep strangling life

Wound this earth, crucify its soul

Though it's plain to see

This world is heavenly

Be god's glow

 

そして僕らに与えられた理想は

やがて喜びに満ちた顔を生むだろう

僕らが信じた世界は

やがて栄光で輝くだろう

なのに何故自分の命を苦しめ、

地球を傷つけ、魂を責めるのか

素直に見ても分かるだろう

この世界は素晴らしいんだ

光あれ

 

We could fly so high

Let our spirits never die

In my heart

I feel you are all my brothers

 

空高くだって飛べるはず

僕らの意思は途絶えはしない

僕の中では

君は兄弟と同じさ


Create a world with no fear

Together we cry happy tears

See the nations

Turn their swords into plowshares

 

恐怖に頼らず世界を作ろう

共に幸せに泣き、涙しよう

世界を見るんだ

彼らの手は、血の為ではなく大地の為に

 

We could really get there

If you cared enough for the living

Make a little space

To make a better place

 

辿り着けるさ

君が命を真剣に想えば

その小さな場所は

世界を変える大きな希望

 

Heal the world

Make it a better place

For you and for me

And the entire human race

There are people dying

If you care enough for the living

Make a better place for you and for me

 

世界を治そう

今よりもっと良い世界へと

君の為にも、僕の為にも

この世に生きる人類の為にも

今も人は亡くなり行くけど

君が彼らを忘れなければ

その心が僕らの世界を導ける

 

There are people dying

If you care enough for the living

Make a better place for you and for me

 

今も命は奪われている

でもその事を忘れなければ

僕も君も、この世界を治していける

 

There are people dying

If you care enough for the living

Make a better place for you and for me

 

今生きているのは当たり前の事じゃない

もしそれを忘れさえしなければ

きっと世界を良くして行ける。君の為にも、僕の為にも

 

You and for me

Make a better place

Heal the world we live in

Save it for our children

 

君と、僕の為に

より良い世界を

僕らの世界が傷だらけでないよう

僕らを継ぐ子供達の為に

 

この曲について

 見てお分かりの通り、世界の平和を願う歌です。世界には、常に悲しい出来事が渦巻いています。しかし、それらに対して直接何か出来るわけでは無くても、そういうことが起きているという事を知り、考えるだけで、世界は少しだけ良い方向に向かうはず。そんなメッセージが一貫して述べられています。

 

 その出来事一つ一つは個人の物なのでしょうが、それを全て含めて「世界が傷ついている」「世界が病に冒されている」という状況だと捉えています。逆に言えば、世界を治そうと思ったら、それら一つ一つに目を向けなければならないんでしょうね。そして、一つでも何か状況が良くなったら、それは世界が癒された事・・・という事でしょうか。

 

 さて、この曲はマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)によってが作られた曲です。作られたのは1991年なので、丁度湾岸戦争の頃と重なるから、それがきっかけなのかな・・・と思ったのですが、1989年には既に作られていたという話もあるみたいなので、判然としません。
 ただ、PVを見てもお分かりの通り、この曲は子供達の未来に戦争が無いことを願った曲であることは間違いないでしょうね。


Michael Jackson - Heal The World (Official Video)

 

 マイケルは、この曲の発表の後、ヒール・ザ・ワールド財団という財団を結成しています。財団の目的は上記にも通じますが、世界中の子供達が様々な暴力や差別、放置といった不幸にさらされないようにするという事のようです。


訳、言葉について

 There's no hurt or sorrow ですが、no や not の後に来る or は、日本語で言う「~も」と同じ扱いになります。その為「痛みか悲しみのどちらかが無い」ではなく「痛みも悲しみもどちらも無い」となります。

 

 Human race と聞くと、うっかり「人々の競争」と訳してしまいそうになりますが、実際は「人類」を指す言葉となります。

 

 Conceive は、思いつく、とか考える、抱くという意味になります。今回は Be conceived なので、何かから、夢を想い抱くきっかけを与えられたというニュアンスで書かれています。その何かと言うのは、恐らく子供達の笑顔と、それを壊す戦争のことでしょうね。夢を抱くにも、そう言った背景があったんだよというイメージを伴っていると思います。

Respect / Otis Redding

Respect / Otis Redding

Lyrics&訳

What you want, honey you got it

And what you need, baby you got it

All I'm askin' is for a little respect when I come home

Hey now, hey hey hey, yeah now

 

お前の望む物、もう手に入れたよな

お前の必要な物、与えた筈だぜ

何が言いたいかってとだな、俺が帰ってきたら少しは丁重にだな

なあ、おい、聞いてんのか

 

Do me wrong honey, if you wanna

You can do me wrong, honey while I'm gone

But all I'm askin' is for a little respect when I come home

Hey now, hey hey hey, yeah now

 

雑な態度でもいいさ。そうしたいならな

ああ、構わないさ。俺がいない間ぐらいならな

だがこれだけは言わせろ。顔合わせた時ぐらい良い顔しろよ

おい、解かってるのか、おいってば

 

Hey little girl, you're so sweeter than honey

And I'm about to give you all my money

But all I'm askin', hey

Is a little respect when I get home

 

なあお前。ハチミツなんか霞むような甘い奴

お前にいくらつぎ込んだって構わないさ

だが言っておくぜ

俺がいる時ぐらい、もうちょっと態度ってものをだな

 

Hey, little girl, you are sweeter than honey

And I'm about to give you all my money

But all I want you to do

Is just give it, give it

Respect when I come home, hey hey now

Hey hey hey, yeah now

 

なあ、もう一回同じこと言うけどさ

お前に全財産貢いだっていいんだ

俺の望みはただ一つ

たった一つだけだ。頼むから

俺が家にいる時は、ちょっとは旦那として扱えよ

なあ、いいだろそれくらい

 

Respect is what I want from you
Respect is what I need
Respect is what I want
Respect is what I need

 

そう言う目で見てくれっての

有難味ってものを感じろっての

威厳とかそういうのあるだろっての

男の顔を立てろっての

 

この曲について

 ちょうど1年前、この曲のアアレサ・フランクリン(Aretha Franklyn)版を御紹介しましたが、そのもととなった曲がこちらです。この曲では、仕事から戻ってきた男(主人公)が、その時の妻の態度に物足りなさを感じ、自分に対してもっと接し方を改善しろと文句を言う、そんな曲です。

 

 本心かどうかは不明ですが、自分がいないところでは何言おうと構わないから、せめて顔つき合わせている時ぐらいどうにかならないのか……というレベルなので、多少呆れも入っているかもしれませんね。とはいえ、自分としては稼いだ金全てを相手に擲ってる(つもり)のだから、相当不満はあるでしょうね。

 

 ……まあ、というのが主人公側の言い分なのですが、それへの回答がアレサ・フランクリンのRespectなわけで、はたから見てればどっちもどっちですね。

 

 さて、この曲はオーティス・レディング(Otis Redding)によって1965年に歌われた曲です。アレサバージョンの方が売れてしまったのはそちらの記事で記載した通りですが、じゃあこちらが売れなかったかと言うとそういうわけではありません。単に、アレサ版が売れ過ぎただけというようです。



OTIS REDDING-respect

 

 にしても、この曲を見る限り、アメリカにも「亭主関白」だとか「一家の大黒柱」のような概念はあったということが有り有りと見て取れる気もします。ただ時代が1965年というのは、前回の Power To The Peaple でもお伝えした通り、ウーマン・リブ運動が勃興した時代なので、この時点で若干時代を逆行気味だったのかも知れません。

 

訳、言葉について

 I'm about to give you all my money とありますが、I'm about ~で「私タイプの人間なんだよね」と言う感じの言葉になるようです。aboutは便利ですね。

livedoor プロフィール
関連アーティスト検索
検索