さて、この曲はなんて言ってるのだろう

英語は苦手ですが、洋楽を和訳しながらあれこれ意味を調べたり考えたりするのは好きなので、その勢いで書いています。
意訳と偏見だらけですが、ご容赦ください。

Raindrops Keep Fallin' On My Head / B.J Thomas

image

 

Lyrics&訳

Raindrops are falling on my head

And just like the guy whose feet are too big for his bed

Nothing seems to fit

Those raindrops are falling on my head, they keep falling

 

雨粒、雨粒、私の頭に

ベッドに余る背の人のように

収まりどころのないものばかり

雨粒、雨粒、私の頭に、このまま、このまま

 

So I just did me some talking to the sun

And I said I didn't like the way he got things done

He's sleeping on the job

Those raindrops are falling on my head, they keep fallin'

 

お日様にぽつりとつぶやいた

君の生き方が気に食わないって

仕事の時間に眠っているなど

雨粒、雨粒、私の頭に、ずっと、ずっと

 

But there's one thing I know

The blues they send to meet me

Won't defeat me

It won't be long 'till happiness steps up to greet me

 

でも一つだけ分かってる

彼らが私の気持ちを塞ごうと

それは私に効きはしない

近い未来、幸せは自分に訪れる

 

Raindrops keep falling on my head

But that doesn't mean my eyes will soon be turning red

Crying's not for me

'Cause, I'm never gonna stop the rain by complaining

 

雨粒、雨粒、ずっと私に

さりとて、赤くはならない私の瞳

泣くのは私に似合わない

この降る雨に文句は無い。止まなくていい

 

Because I'm free

Nothing's worrying me

 

私はもう自由の身

心残りは何もない

 

It won't be long 'till happiness steps up to greet me

 

近いうちに、最高の私に幸せが

 

Raindrops keep falling on my head

But that doesn't mean my eyes will soon be turning red

Crying's not for me, 'cause,

I'm never gonna stop the rain by complaining

 

雨粒、雨粒、今もってなお、私の頭に

それでも、私の眼はそうそう変わらず

涙は私を流れない。そう

雨は降ればいい。問題は無い

 

Because I'm free

Nothing's worrying me

 

そう、私は自由なのだ

気にするものなど何も。一つも

 

この曲について

 自分の人生これで上々。思い通りにいかないことがあっても、そんなの関係なく自分は良い人生を歩んでいける。そんな曲でしょうか。

 

 とはいえ、最初のパートでは大分ご立腹と言うか、苛立たしげな様子が見て取れますね。人生思ったように事が進んでいないのか、気持ちの収まりどころが見つけられない様子です。ベッドに収まりきらない大きさの人間に例え、自分のキャパシティをオーバーしてしまっているようです。そして、そんな自分に振り続ける雨がまた、その鬱屈した気分に追い打ちをかけているように見えますね。太陽にまで文句を言っているようです。

 

 しかし、そんな愚痴っぽいのはここまでです。太陽が仕事をサボり、雨が降り続け、誰かに足を引っ張られようと、そんなものは自分には通用しないと自分に言い聞かせます。そして、どれだけ雨が降ろうとそれにめげず、幸せな結末を見据えて歩き出すことを決意します。

 

 この決意の源となっているのは、自分に自由があるからと言うことみたいですね。冒頭で、世の中収まりどころの無いことばかりという感情があったことを考えると、もしかしたらこの主人公は一旦何もかも捨てたのかも知れませんね。色んなしがらみから逃れ、何も心に気がかりを抱えていないことが、振り続く雨も受け流せる心を作っているように見えます。

 

 さて、この曲は1969年にB.J.Thomasによって歌われた歌で、映画「明日に向かって撃て!(原題:Butch Cassidy and the Sundance Kid)」の主題歌として使われました。国内では「雨にぬれても」と題されています。日本でも、CM等で使用されることが多い曲ですね。


B.J.Thomas - Raindrops Keep Fallin' On My Head

 

 荒くれ者の映画の主題歌なので、一人称をどうしようか非常に迷ったのですが、単にこの曲だけを取り出して聴いてみた時、あんまりそんな荒々しい感じがせず、むしろ淡々と達観したような印象だったので、こんな感じにしてしまいました。

 

訳、言葉について

 Get things done で、「仕事をする」とか「成し遂げる」という意味になるそうです。
 また、これが使用される一文 I said I didn't like the way he got things doneですが、ここで唐突に出てくるHe は、恐らく「太陽」の事ではないかと思われます。もしこの文が

 I said "I don't like the way you got things done"

 私は「君の仕事の有様は気に食わない」と言った

 と鉤括弧を使って、時制のフォーカスを一度太陽に話していたその瞬間に移した表現だったら分かり易かったのですが、今回は鉤括弧を使用せず、時制のフォーカスは常に今現在に固定した客観的な言い回しと思われます。その為

 I said I didn't like the way he got things done
 私は彼(太陽)の仕事の有様が気に食わなかったことを言った

 となるのではないかと思われます。

 

 Won't be long ですが、これは「間もなく」という意味です。まず、Won't は will not の短縮形なので、綺麗に書くとWill be not long となり「それは長くは無いでしょう」となります。そしてこの場合の long は時間の長さのことで、結果「それは(時間的に)長くないでしょう」となります。

 

 Happiness steps up to greet me ですが、この時の step は「足を踏み入れる」という意味で、全体としては「幸せが私に足を踏み入れる」となり、「私に幸せが訪れる」という解釈になるのかなと思います。

Misery / Maroon 5

Misery / Maroon 5

 

Lyrics&訳

Oh yeah

Oh yeah

 

なあ、答えてくれ

なあって

 

So scared of breaking it that you won't let it bend

And I wrote two hundred letters I will never send

Sometimes these cuts are so much deeper than they seem

You'd rather cover up, I'd rather let them bleed

 

お前が折れねぇもんだから、勢い余って壊れちまいそうだ

もうかれこれ200通だ。書いては捨てた手紙の数は

この傷痕どもは、見た目よりも深いやつも沢山あるんだ

お前はこの傷を塞ぎたがるが、俺は血の流れるままにしていたい

 

So let me be

And I'll set you free

 

このままでいさせてくれ

お前のことも自由にするから

 

I am in misery

There ain't nobody who can comfort me, oh yeah

Why won't you answer me?

The silence is slowly killing me, oh yeah

 

本当、最低だ

俺の心を癒せる奴は誰もいねぇ。だろ

なぁ、なんで何にも言わねぇ?

その無言にだんだん殺されそうさ。ああ

 

Girl, you really got me bad

You really got me bad

And I'm gonna get you back

I'm gonna get you back

 

お前、ほんと俺を悩ませてくれるな

気が気じゃねぇよ

だが、お前は必ず取り戻す

俺のもとに取り戻す

 

Your salty skin and how it mixes in with mine

The way it feels to be completely intertwined

Not that I didn't care, it's that I didn't know

It's not what I didn't feel, it's what I didn't show

 

塩気ばったお前の肌と俺のとが混じる

そうやってやっと絡み合ってるって実感できる

気にしなかったわけじゃない、ただ知らなかっただけだ

感じなかったって訳じゃない、そう見せなかっただけだ

 

So let me be

And I'll set you free

 

なあ、もういいだろ

俺もお前を縛り付けやしないから

 

I am in misery

And there ain't nobody who can comfort me ,oh yeah

Why won't you answer me?

The silence is slowly killing me, oh yeah

 

ほんと冴えねぇったらねぇな

誰か俺を助けてくれないものかね

なあ、何とか言ってくれよ

黙ってるお前が一番堪えるんだ、なあ

 

Girl, you really got me bad

You really got me bad

And I'm gonna get you back

I'm gonna get you back

 

ほんと、悩みの種が尽きない女だ

自分がダサく思えてしょうがない

だがお前は取り戻す

俺のところに必ずな

 

You say your faith is shaken

And you may be mistaken

To keep me wide awake and waiting for the sun

I'm desperate and confused

So far away from you

I'm getting there, I don't care where I have to run

 

「あなたのこと信じられなくなりそう」だとか

「どこで間違ったのかな」とか

そう言って朝まで眠れなくさせてくれるよな

俺は必死に頭の中を引っ掻き回して

お前から距離をとっちまって

辿り着いちまった。駆けずり回る必要もねぇ場所

 

Why do you do what you do to me, yeah?

Why won't you answer me, answer me, yeah?

Why do you do what you do to me, yeah?

Why won't you answer me, answer me, yeah?

 

何でお前は俺に対してそうなんだ

何で何も言わねぇんだ

一体何なんだその態度は

気に食わねぇならそうと言えよ

 

I am in misery

There ain't nobody who can comfort me, oh yeah

Why won't you answer me?

The silence is slowly killing me, oh yeah

 

全く、惨めなもんだな

誰が来たって立ち直れる気がしねぇ

頼むから何か言ってくれよ

そうやって黙られんのが一番キツいんだっての


Girl you really got me bad

You really got me bad

And I'm gonna get you back

I'm gonna get you back

 

本当、勘弁してくれよ

こんな気分にさせんじゃねぇよ

だがこれから取り返すぜ

それまで待ってろよ

 

Girl you really got me bad

You really got me bad

And I'm gonna get you back

I'm gonna get you back

 

お前のせいで自信は無くすし

プライドなんて粉々だ

だからちゃんと取り返す

またあの頃に戻って貰う

 

Girl you really got me bad

You really got me bad

And I'm gonna get you back

I'm gonna get you back

 

惨めな気分にもさせられたし

苦いモンも覚えさせられた

だが惚れ直させてやる

必ずまたモノにしてやる

 

この曲について

 付き合ってた彼女の態度が冷たくなったことへの戸惑いと不満がないまぜになった状態でしょうか。多分ですがこの主人公、カップルにありがちな「少し距離を置きたい」という心境になってしまったのかなと思います。

 

 出だしで、少なくとも険悪な雰囲気が出ていますね。どうもこの主人公、相手との関係修復の為に自分なりに色々手を尽くしてきたのだと思いますが、どれもが空振りという結果に終わっているのだろうなと予想できる内容ですね。そして、お互いの方向性がどうも違う事を察してしまったようです。そしてサビの導入前に、お互い自由になろうと相手に持ち掛けます。

 

 そしてサビでは、そんな相手と分かりあえないでいる、或いはぞんざいな扱いを受けている自分がみじめに思えてくると愚痴モードに入ります。でもこの主人公、決して相手に愛想をつかしてしまった訳では無いところに、そこはかとなく「惚れた弱み」的な物を感じます。その為か、お互い自由になろうと宣言したものの、いずれまた取り返すと宣言していますね。

 

 そして、Dメロでは相手の言葉に堪えては夜も寝られない日を何度も経験しているようで、なんというか御愁傷様という感じでありますが、結局最後には「お前を取り戻す」を何度も何度も繰り返してしまいます。
 そんな、何が不満なのかも語らない、語ったとしても切れ味鋭い。そんな彼女に振り回されている状況そのもの去ることながら、それでも上記の「惚れた弱み」により振りきれないでいる、まだ彼女に執着してしまう。そんな自分も含めて、タイトルが「Misery(惨め、悲惨)」なのかなという気がします。

 

 さて、この曲はマルーン5(Maroon 5) により2010年にリリースされた曲で、アルバム Hands All Over に収録されています。耳残りの良いサビのメロディに加えて、タイトル通り悲惨で仕方ない強烈な PV のせいもあって、僕の周りでは「あ~、この曲知ってる」って方は多かった印象です。


Maroon 5 - Misery

 

 また、この曲は glee のシーズン2にて、ウォーブラーズ(Warblers)によって州大会の候補曲として歌われました。いきなりブレインが楽譜をまき散らしたり、皆でテーブルを叩いてリズムを取ったりと、とてもノリのいい曲になっています。(カートからの評価は冷たかったですが(笑))


GLEE - Misery Full Performance (HD)

 

訳、言葉について

 サビで頻出する Get me bad ですが、Get は「手に入れる」の他に、take と同じように「連れて行く」というニュアンスで使える言葉です。なので、「私を悪い状況に連れて行く」となり、転じて「悪い気分にさせる」という意味合いでで捉えればいいのかなと思います。

 

 Intertwine は、絡み合ったという意味です。この言葉を分解するとInter (相互に) twine(縒る、縒り紐)となり、イメージしやすいかなと思います。 

Let The River Run / Carly Simon

Let The River Run / Carly Simon

 

Lyrics&訳

We're coming to the edge

Running on the water

Coming through the fog

Your sons and daughters

 

辿り着いた涯

流れ征く水に乗って

霧の中を抜けてくるのは

皆の愛しい子供達

 

Let the river run

Let all the dreamers

Wake the nation

Come the New Jerusalem

 

流れる河はそのままに

夢見る者達が

国を甦らせたるも

新たな聖地に辿り着きたるも

 

Silver cities rise

The morning lights

The streets that meet them

And sirens call them on

With a song

 

白銀の街に昇る

朝の太陽

皆の出会う街並み

セイレーンは彼らを誘う

その歌声で

 

It's asking for the taking

Trembling, shaking

Oh, my heart is aching

 

呼びかけ、求め

震えて、揺られ

そして私は、心を痛め

 

We're coming to the edge

Running on the water

Coming through the fog

Your sons and daughters

 

この果てまで辿り着いた

河の流れに導かれ

そして先の見えぬ霧の先には

愛しい子らが

 

We the great and small

Stand on a star

And blaze a trail of desire

Through the dark'ning dawn

 

大いなる小人たる我らは

この星に立ち

深き森にも信念の道を

光の射さぬ夜明けを越えて

 

It's asking for the taking

Come run with me now

The sky is the color of blue

You've never even seen

In the eyes of your lover

 

問い掛け、望む

今、私と共に走り来たるを

この空を色なす青は

皆決して見たことのない

今それが愛しき人の目に

 

Oh my heart is aching

We're coming to the edge

Running on the water

Coming through the fog

Your sons and daughters

 

そう、この胸は痛む

我らは辿り着いたのだ

とめどない水に流され

見えない道を抜け出で

我らの子らの待つ世界へ

 

It's asking for the taking

Trembling, shaking

Oh, my heart is aching

 

得る為に請い

身を震わせ、頭を振り被り

またこの心は痛み行く

 

We're coming to the edge

Running on the water

Coming through the fog

Your sons and daughters

 

辿り着いた先

流るる河に任せて

先見えぬ道を進み抜ければ

そこにはもう次の時代が

 

Let the river run

Let all the dreamers

Wake the nation

Come the New Jerusalem

 

流れる河を止めてはならない

夢見る者達を止めてはならない

この世界を変え行くを

新たな聖地を見い出すを

 

この曲について

 ちょっと解釈に悩みましたが、未来なんて予測もつかないものだけれど、それでも時と共に世の中が変わっていくことを受け入れよう、喜ぼうという歌かなと思いました。そこから、世代交代を歌った歌にも思えます。

 

 とはいえ、初めは出だしからいきなり戸惑いました。水の流れに乗って辿り着いた先に、霧の向こうから子供達がやって来るってどういうシチュエーションなんだと首を傾げました。ただまあ、ここはまず普通に考えて何かの比喩表現と思われるので、後で解かるだろうと信じて保留ですね。

 

 そして次のフレーズでは、河は流れさせておけ、夢見る者達には国を復興させておけと続きます。これは恐らく、若い世代によって国が変わっていくことを、河が流れていくことと同じと例えて、それは無理矢理止められるものではないし、止めない方が良いということでしょうか。そして、New Jerusalem と続きますが、次世代のユートピアのようなニュアンスで解釈しました。

 

 次のシチュエーションでは銀色の街という表現が出てくるので、この歌の背景は都会と見て間違いないと思います。そこに雑多に行きかう人達。そこには毎日常に新たな出会いが繰り広げられているという様子に思えます。これは、先ほどの国が変わっていくという様子とイメージがリンクするのではないかなと。
 また、ここでセイレーンと言う、水夫を歌声で海に引きずり込むと言う伝説上の魔物が出てきますが、これは次々に人が夢に惹かれてやってくるという、この街そのものを例えた表現でしょうね。

 

 ただ、この次のシチュエーションでは、主人公が胸を痛めています。この曲が上記までの通り、変わり行く世の中を表しているとして、それに対して主人公が胸を痛めているということは、主人公もまた変わり行く世の中を受け入れるのに抵抗が生まれ始めた歳だと言うことでしょうか。

 

 ここまでを整理すると、冒頭の比喩表現のイメージが大分固まりますね。「私たちはEdge(境界線、崖、ふち)に辿り着きそうだ」と言っていますが、この Edge というのは、自分たちが時代を切り開く側の役目から、時代を切り開く人を見守る役目へと移る境界線の事かなと。そして、Fog(霧)は、先の見えない未来を例えていて、でもその霧の向こう側には、次の世代を担う自分たちの子供達がいるというイメージかなと思います。
 そして、Sons and daughters と、子供達が複数で表現されていることもあり、今回の曲においては、You は「あなた」ではなく「あなた方」「皆」という複数にしました。

 

 さて、この曲は1989年にカーリー・サイモン(Carly Simon)によって歌われた歌で、映画「ワーキング・ガール(原題:Working Girl)」の中で使用されました。


 

Let The River Run - Carly Simon


 PV、時代を感じますね。この時代の活気ある風景は、これはこれででいいなぁと思ってしまいます。30年後に今の時代の映像を見た時、やっぱり同じように思えるのでしょうか(歳か)

 

訳、言葉について

 Siren は日本では一般的には「セイレーン」と呼ばれており、上記でも説明した通り、海の上で歌を歌うことで水夫を誘惑し、海の中に引きずり込むという伝説上の魔物です。
 ただ、その外見は人によってイメージが分かれております。一つは、人間女性の身体に鷲のような羽が生えている、ハーピーのような外見のイメージ。もう一つは、同じく人間の女性の上半身と、魚の下半身という、所謂マーメイドと同じ外見のイメージです。個人的には、嵐の海に立つ岩の上で竪琴を持っている人魚のイメージでした。

 

 Braze a trail は「未開の森を進むために、木に焼き痕を付ける」という行為から転じて「先駆者となる」という意味を持つ言葉だそうです。

 

 Dark'ning は、Darkening の別の記述法のようで、意味はDarkening(だんだん暗くなる)という意味だそうです。なので、Darkening dawn は「だんだん暗くなる夜明け」という、正反対のイメージが同居した言葉となります。詩的とまでは行かなくても、独特のニュアンスを醸し出した言葉ですね。

Rehab / Amy Winehouse

Rehab / Amy Winehouse

 

Lyris&訳

They tried to make me go to rehab but I said, 'No, no, no.'

Yes, I've been black but when I come back you'll know, know, know

I ain't got the time and if my daddy thinks I'm fine

He's tried to make me go to rehab but I won't go, go, go

 

皆があたしを施設送りにしたがったけど、全くもってお断り

認める。酷いモンだった。けど、もういつも通りよ。分かってるでしょ

あたしとっちゃ時間のムダなの。親父も大丈夫って思ってるかも

施設に行かせようとしてたけど、全くもって行くつもり無いって

 

I'd rather be at home with Ray

I ain't got seventy days

'Cause there's nothing

There's nothing you can teach me

That I can't learn from Mr.Hathaway

 

家でレイ・チャールズでも聴いてる方が

70日もあそこで過ごすなんて

だって何にもないじゃない

あんたから教わることなんてなんも無いわよ

ダニー・ハサウェイが教えてくれたことで充分

 

I didn't get a lot in class

But I know it don't come in a shot glass

 

更生クラスなんかロクに役に立たなかったわ

ショットグラスとは違うって?分かってるわよ

 

They tried to make me go to rehab but I said, 'No, no, no.'

Yes, I've been black but when I come back you'll know, know, know

I ain't got the time and if my daddy thinks I'm fine

He's tried to make me go to rehab but I won't go, go, go

 

施設に行かせようってんなら答えはノーよ

分かってるでしょ。立ち直ったの。

多分、親父ももう心配してないわ。好きにさせて

分かったみたい。私がそんなの行くわけないって

 

The man said, 'Why do you think you're here?'

I said, 'I got no idea

I'm gonna, I'm gonna lose my baby

So I always keep a bottle near.'

He said, "I just think you're depressed."

This me "Yeah, baby, and the rest."

 

あいつ「君は何故ここにいるか解かるかね?」だって

で、言ってやったわ。「さあ?

もう大好きなモンに会えないんでしょ

だからお酒と一緒なのー」

そしたらあいつ「間違いなく心を患っている」だって

あたしの番「そーねー。でもって、電池切れー」

 

They tried to make me go to rehab but I said, 'No, no, no.'

Yes, I've been black but when I come back you'll know, know, know

 

皆私を施設に行けってうるさいけど、嫌なんだってば

まあ確かに酷いもんだったけどさ、もう平気。分かってよ

 

I don't ever wanna drink again

I just, ooh, I just need a friend

I'm not gonna spend ten weeks

Have everyone think I'm on the mend

 

もうお酒は要らないわ

友達。そうそう、友達がいればいいのよね

10週間もあんなところに居るつもり無いの

皆に良くなってるって思い知らせるの

 

It's not just my pride

It's just 'til these tears have dried

 

思い上がりとかそういうんじゃなくて

いいかげん涙も乾いた時が来たの。それだけ

 

They tried to make me go to rehab but I said, 'No, no, no.'

Yes, I've been black but when I come back you'll know, know, know

I ain't got the time and if my daddy thinks I'm fine

He's tried to make me go to rehab but I won't go, go, go

 

みんな施設を勧めてきたけど、おことわり

もういいかげん大丈夫だって、わかってよ

時間も無いしね。多分親父も良いって思ってる

施設施設やかましかったけど、あきらめて

 

この曲について

「施設で治療を受けろ!」という周囲と「イヤだっつってんの!!」という主人公の壮絶な(?)戦いのあとが見られますね。酒や、恐らく薬に溺れて心身ともにボロボロな主人公の姿が見えてきます。

 

 少なくとも、病院に行ったりカウンセリングを受けたりはしてたみたいですが、それも真面目に受けていたかはちょっとこの歌詞からは疑問視されます。とにかくこの主人公、我が道を行くと言うか、我が道しか行かないと言う、言ってしまえば駄々っ子気質ですね。「自分の身体は自分が一番よく知っとるわい!」というような、病院嫌いの頑固爺さんを彷彿とさせますね。

 

 施設に行かない為、あの手この手で自分がもう大丈夫な人間であることを伝えようとしていますが、まあこの振る舞いを見る限り、それを信用してもらうのは難しそうです。

 

 さて、この曲は2006年にエイミー・ワインハウス(Amy Winhouse)によって歌われた曲で、見てお察しいただける通り、自身の体験を元に作られた曲と言われています。というか実際、エイミー・ワインハウスは重度のアルコール依存症、薬物依存症で、この曲が歌われた翌年には結局リハビリ施設に入所しています。


Amy Winehouse - Rehab

 

 にしても、本当に気だるげに、どうでもいいという感じが伝わってきますね。

 

 また、この曲は glee の第1話でボーカル・アドレナリン(Vocal Adrenaline)が、アップテンポにアレンジされた軽快なバージョンで披露します。このバージョンだと、本当にリハビリ施設への入所は必要なさそうです(笑)

GLEE - Rehab (Full Performance) HD

訳、言葉について

 Rehab は Rehabilitate(復帰させる) や Rehabilitation(復帰) を略した言葉です。この曲の場合は、Rehabilitation facility (リハビリ施設) の略のようですね。

 

 Ray は 盲目のシンガーである Ray Charles Robinson (レイ・チャールズ・ロビンソン) のことのようです。また、Mr.Hathaway は Donny Hathaway (ダニー・ハサウェイ)と思われます。

 

 It don't come in は本来 It doesn't come in になる筈ですが、これは今までも何度かありました、リズム合わせの為に敢えて文法を無視した部分です。

 

 Be depressed は、通常は「落ち込んでいる」となりますが、この歌詞のように、医者がこの言葉を口にした場合は「鬱病にかかっている」を意味しているとみて良いと思います。

 

 Have everyone think は今回初めて知った表現ですが、 Have 誰々 動詞 で「誰々に~をさせる」という意味で使えるそうです。なのでこの場合「みんなに思わせる」という解釈になると思われます。

プロフィール

笹森茂樹

カテゴリ
関連アーティスト検索
検索