さて、この曲はなんて言ってるのだろう

英語は苦手ですが、洋楽を和訳しながらあれこれ意味を調べたり考えたりするのは好きなので、その勢いで書いています。
意訳と偏見だらけですが、ご容赦ください。

Baa Baa Black Sheep / Traditional

Baa Baa Black Sheep / Traditional

 

Lyrics&訳

Baa baa black sheep

Have you any wool?

Yes sir, yes sir

Three bags full

 

メェメェ、黒い羊さん

羊さんの毛、あなたもあるの?

もちろんですとも もちろんですとも

袋に一杯、三つ程

 

One for my master

And one for my dame

And one for the little boy

That lives down the lane

 

一つは御主人

一つは奥様

残る一つは少年に

街の外れの少年に

 

この曲について

 所謂、マザー・グース(Mother Goose)の一曲です。黒い羊に「あなた、羊毛を持っているのかしら」と尋ねられて、「勿論持ってますよ。御主人にも奥方様にも、街の外れに住んでいる子にも使って頂いていますよ」と答えているという内容になります。

 

 と、シンプルに捉えればそれだけの曲です。単純な内容と、きらきら星に似たメロディから、子供向けの曲としてとても親しみやすくできています。
 しかし、大人になってからこの歌詞を見てみると、どうにもこうにも裏を読みたくなってしまいますね。

 

 何よりもまず、 Black Sheep(黒い羊)という名詞自体、「厄介者」とか「一族の恥」という意味を持った言葉としても使われます。それを踏まえてこの歌詞を見ると、最初の問いかけは、とてもステレオタイプに満ちた、悪意ある皮肉のように思えます。
 そもそも、羊を目の前にして「やあ、君は羊毛というものは持ってるのかね」なんて訊いていること自体、不自然です。となると、この問いかけの意味は「やあ、黒い羊さん。羊の毛ってふつう白いものだと思うんだけど、お前のその黒い毛は使い物になるのか?と言うか、そもそも羊毛っていうカテゴリに入れて良いものなのか?」という、侮蔑とからかいの念を込めた言葉と見て取れます。
 そして、そんな不躾な言葉に対しても Yes, sir (は。左様でございます) と慇懃に答えている黒い羊を見ると、この会話から見えるのは、主従関係というよりは、奴隷と貴族のような関係なのではないでしょうか。

 

 そして、自分の一部を切り取った羊毛は三つの袋を満たせるほどになりますが、そのうち二袋、つまり三分の二は御主人とその奥方に渡ることになります。言い換えれば、町に住む少年には三分の一しか行かないとも取れますし、もっと言えば黒羊自身には何も残らないとも取ることができます。こんな見方をした場合、この曲は富裕層と平民との社会的扱いの対比を描いていると解釈することもできます。


 前述の読み方と合わせてみると、この曲、実はなかなか痛烈な社会風刺の曲として捉えることもできるのではないかなと思います。
 勿論、子供向けの寓話として捉えても何の問題も無いのですが、寓話はやはり寓意を見い出したくなるもので……考えすぎかもしれませんが、逆にあれこれ想像させてくれるのも、マザー・グースの醍醐味かなと思いますので、是非皆さんもいろんな説を展開してみて下さい。

 

 さて、この曲は1731年にはイギリスで出来ていた曲……というか、お話のようですね。

Baa, Baa, Black Sheep - Wonderful Songs for Children | LooLoo Kids
 

 そして、先ほどきらきら星に似たメロディと記述しましたが、この曲もきらきら星も、メロディはもともとはフランスの歌に源流があるようです。この楽曲、18世紀中にモーツァルトによってアレンジされ 12 Variationen über ein französisches Lied "Ah, vous dirai-je, maman"(訳題:フランスの歌曲「ああ、お母さん、あなたに申しましょう」による12の変奏曲 ※出典:Wikipedia)として発表されたのですが、これがうけたのか、色んな歌詞を付けて童謡に応用されたようです。(ちなみに、この曲の邦題は、原題を完全に無視して「きらきら星変奏曲」とされているようです)

 

訳、言葉について

 Black sheep は、既に述べましたが「黒い羊」の他に「厄介者」という意味で使われることが有ります。

 

 Yes, sir は、もはや日本でも「イエッサー」で通じますね。目上の人に了解の意を告げる常套句です。

 

 Dame は、貴族階級を持った女性に対して使う言葉です。訳上では「奥方」と訳しましたが、必ずしも男性貴族の妻には限定されません。

 

 Down はこの場合「今いる場所から離れた場所」を意味する言葉になります。The Weight にも出てきた表現ですが、 Go down は「ここから離れなさい」という意味になりますし、逆に「近づいてきて」と言いたい場合は Come up になります。英語では、自分に近づくほど「上がる」、遠ざかるほど「下る」というニュアンスがあるようです。

Tonight Tonight / Hot Chelle Rae

Tonight Tonight / Hot Chelle Rae

Lyrics&訳

It's been a really really messed up week

Seven days of torture, seven days of bitter

And my girlfriend went and cheated on me

She's a California dime but it's time for me to quit her

 

ホントひっでぇ一週間だった

毎日拷問。毎日苦痛

でもって彼女の浮気発覚

カリフォルニアのイケてる娘だけど、潮時ってやつだな

 

La la la, whatever

La la la, it doesn't matter

La la la, oh, well

La la la

 

あーあ、ま、なんだっていいや

関係ないや

あぁ、そうさ

 

We're going at it tonight tonight

There's a party on the rooftop top of the world

Tonight tonight and we're dancing on the edge of the Hollywood sign

I don't know if I'll make it but watch how good I'll fake it

It's all right, all right, tonight, tonight

 

だって、今夜だぜ、今夜

パーティーなんだ。屋根のてっぺん、世界のてっぺん

そう、今夜だ今夜。踊っちまおうぜ。あのハリウッドの看板の上で

イイことあるかなんて分かんないけど、見てろよ、ウソでも楽しんでやる

それでいいんだ。今夜は。この夜なら

 

I woke up with a strange tattoo

Not sure how I got it, not a dollar in my pocket

And it kinda looks just like you

Mixed with Zach Galifianakis (Huh!)

 

目が覚めたらヘンな刺青

何かよくわかんないけど、ポケットから金が消えてるし

その刺青も、もうなんかアレ。見た目お前と

お笑い芸人足して2で割った感じ

 

La la la, whatever,

La la la, it doesn't matter,

La la la, oh, well,

La la la

 

あーあ、ま、なんだっていいや

どーってことない

なあ、そうだろ

 

We're going at it tonight tonight

There's a party on the rooftop top of the world

Tonight tonight and we're dancing on the edge of the Hollywood sign

I don't know if I'll make it but watch how good I'll fake it

It's all right, all right, tonight, tonight

 

これから夜が始まるんだぜ

パーティーがあるんだ。世界一のあの屋上で

そう、今夜だ今夜。踊っちまおう。あのハリウッドの看板の先で

どうなるかなんて知らないけれど、とにかくウソでも騒ぐんだ

それでいい、いいんだ。今日、この夜は

 

You got me singing like, whoa,

Come on, oh,

It doesn't matter, whoa,

Everybody now, oh

 

さあ、歌っちまうぜ

ほら、お前も一緒に

なんも問題ねーって

皆ほら、さ

 

Just don't stop let's keep the beat pumpin'

Keep the beat up, let's drop the beat down

It's my party dance if I want to

We can get crazy let it all out

Just don't stop let's keep the beat pumpin'

Keep the beat up, let's drop the beat down

It's my party dance if I want to

We can get crazy let it all out

 

止まってないで、ビートに乗って

アップテンポに、スローテンポ

俺のパーティ。みんな一緒に踊ってくれよ

バカになってノリまくろうぜ

止まってちゃだめだ、リズムに乗るんだ

アゲて行こうぜ。ユルッと行こうぜ

パーティーなんだ。俺と一緒に踊ってくれ

頭ン中空っぽにしてヤなこと全部ぶちまけろ

 

It's you and me and we're running this town

And it's me and you and we're shaking the ground

And ain't nobody gonna tell us to go cause this is our show

 

俺とお前で街を動かしてる

俺とお前でこの場所を湧かせてる

「もう行くね」なんて言う奴いない。ショー主役が俺達だからな

 

Everybody, whoa,

Come on, oh,

All you animals, whoa,

Let me hear you now, oh

 

さあ皆

一緒にノろうぜ

本能全開で行こうぜ

俺にお前の全てを教えてくれ

 

Tonight tonight

There's a party on the rooftop top of the world

Tonight tonight and we're dancing on the edge of the Hollywood sign

I don't know if I'll make it but watch how good I'll fake it

It's all right, all right, tonight, tonight

It's all right, all right, tonight, tonight

Yeah it's all right, all right, tonight, tonight

 

そう、今夜だ

パーティーだ。どこよりも高いあの屋根の上で

さあ、これからだ。マジ目立つ場所で踊って行こうぜ

楽しくなるかは分かんないけど、ウソでもいいから笑っていくぜ

それでいいだろ。この夜は

それでいいんだ。この夜は

そうさ、いいんだ。この夜ならば

 

Just singing like, whoa,

Come on, oh,

All you party people, whoa,

All you singletons, oh

Even the white kids

 

歌おうぜ、ほら

一緒にさ

パリピのみんなも

ぼっちのみんなも

甘ちゃん達でもさ

 

Just don't stop let's keep the beat pumpin'

Keep the beat up, let's drop the beat down

It's my party dance if I want to

We can get crazy let it all out

Just don't stop let's keep the beat pumpin'

Keep the beat up, let's drop the beat down

It's my party dance if I want to

We can get crazy let it all out

It's

 

動き続けろ。リズムを感じて

テンポ上げるか。やっぱり下げるか

俺のパーティー。合図出したら踊ってくれよ

頭ン中ぶっとばして、全部外に吐き出すんだ

まだまだ踊るぜ。ビートも止めるな

段々アゲて、一気にオトして

さあ、このパーティー。ついてきてくれ

なんもかんも全部忘れて、やりきれるだけやりきろうぜ

やっぱこれだよ

 

この曲について

 世の中ヤなことだらけ。でもまあ、パーティーで盛り上がって忘れちまえばいいさ。そうしようぜ。そんな曲ですね。ノリと軽さと勢いで突っ走って忘れて……若いっていいなぁ(笑)

 

 ただこの主人公、パーティーがあればただそれだけで楽しいと思っている訳では無いようですね。I don't know if I'll make it but watch how good I'll fake it という一文がありますが、これは「(本心の)気分は上がらなかったとしても、見た目だけでも上がっているように見せてやる」のようなニュアンスになります。どう見てもチャラい印象のあるこの主人公ですが、それはこの「何としてでも落ち込んでなるものか」のような気概から来るものなのかもしれません。

 

 主題としてそんなメッセージを込めたわけではないと思うのですが、元気になるのを待つのではなく、自分から元気になりに行くというのも大切なことかもしれませんね。

 

 さて、この曲は2011年にホット・シェル・レイ (Hot Chelle Rae) によって歌われた曲です。歌もMVも非常に若々しいパーティーソングで、サビも耳に残り易いので、何となくでもご存知の方は多いのではないかなと思います。



Hot Chelle Rae - Tonight Tonight

 また、glee を御覧の方には嬉しいゲスト、コード・オーバー・ストリート(Chord Overstreet) がMVに出演していますね。彼は、ホット・シェル・レイのメンバーの一人、ナッシュ・オーバーストリート(Nash Overstreet)の実の弟です。兄弟の共演というのもいいですね。

訳、言葉について

 Tortureは……まさか歌詞を訳しててこの言葉に出くわすとも思っていませんでしたが「拷問」とか「責苦」という意味の言葉となります。そこから「苦悩」という意味でも使えるようです。

 

 Dime は、普通は10セント硬貨を意味する言葉ですが、スラングで「(見た目)完ぺきな女性」という意味でも使われます。ちょっとピンと来ないですが、日本では何かを評価するときは100点満点で評価するのに対し、アメリカでは10点満点(大抵0.5点刻み)で評価するのが一般的です。そして、その10点満点という意味で、10セント硬貨の10を持ち出しているということだそうです。

 

 Kinda は、Kind of を縮めた表現です。Want to を wanna と言う感じですね。

 

 Zach Galifianakis は、アメリカの有名なコメディアンだそうです。コメディ映画好きな方なら、ハングオーバーという映画に出演していることでご存知かもしれません。

 

 Let it all out は、全てを外に出すということで、「溜まっている物を全て吐き出す」という意味になります。

 

 Party people は、もはや日本語でも「パーリーピーポー」とか「パリピ」で通用してしまいますね。パーティー大好き人間のことです。

 

 Singleton とは、トランプのゲームの一種、ブリッジにおいて、手札に1枚しかないマークの札のことを指すそうで、ここでは「仲間がいない」というニュアンスで訳しました。

 

 White kid はちょっと自信が無いのですが、親に甘やかされて育った人のことをこのように呼称することがあるらしいです。とはいえ、情報のソースに乏しいので不正確かもしれませんので、もし別の意味をご存知の方がいらっしゃいましたらお教え下さい。

Here Comes The Sun / The Beatles

Here Comes The Sun / The Beatles

 

Lyrics&訳

Here comes the sun, here comes the sun

And I say it's all right

 

ほら、太陽だ。お日様の光だ

もう大丈夫。僕はつぶやく

 

Little darling, it's been a long cold lonely winter

Little darling, it feels like years since it's been here

 

ねえ、長くて孤独な冬だった

そう、何年もの間、そうだった気がする

 

Here comes the sun, here comes the sun

And I say it's all right

 

ほら、太陽だ。暖かい光だ

もう大丈夫。僕は声を上げる

 

Little darling, the smiles returning to the faces

Little darling, it seems like years since it's been here

 

ねえ、笑顔が戻り始めてきたよ

そう、何年もの間、そうだった気がする

 

Here comes the sun, here comes the sun

And I say it's all right

 

さあ、太陽だ。まぶしい光だ

もう大丈夫。今、そう言える

 

Sun, sun, sun, here it comes

Sun, sun, sun, here it comes

Sun, sun, sun, here it comes

Sun, sun, sun, here it comes

Sun, sun, sun, here it comes

 

太陽が、今、ここに

今、この僕に

今、この空に

今、この場所に

僕の場所に

 

Little darling, I feel that ice is slowly melting

Little darling, it seems like years since it's been clear

 

ねえ、氷が解け始めた。そんな気分だ

もう、何年も晴れてた。そんな風に思える

 

Here comes the sun, here comes the sun

And I say it's all right

 

そう、太陽が。優しい光が

もう大丈夫。はっきり言える

 

Here comes the sun, here comes the sun

It's all right, it's all right

 

そう、太陽だ。世界がまぶしい

もう大丈夫。大丈夫なんだ

 

この曲について

 ずっと落ち込んで暗くふさがっていた人に、ようやく陽の光が射した。そんな希望の歌ですね。短くて、内容もシンプルですが、だからこそこの心情が鮮やかに描かれているように思います。

 

 この曲はこれまでを振り返って、孤独な冬がずっと続いていたように思うと評していますが、その後の歌詞では、もう長いこと笑顔でいるような気がする、ずっと晴れていた気がするとも評しています。これは、いろいろ悩みや問題が解決して、それらももう本当に小さなことになってしまった様子であったり、あるいは落ち着いて振り返ってみれば、実はいいことや楽しいこともあったなと改めて思えている様子であったりするのかもしれません。

 

 ただ、このふさぎ込んでいた人が誰かと言う点において、この曲は厳密には描いていません。歌詞上は自分とも取れますし、Little darling とも取れます。なのでこの曲は、「自分はもう大丈夫だよ」と相手に伝える歌としても歌えますし、相手に「もう大丈夫だよ」と励ましたり、あるいは祝福したりする歌としても歌えますね。後者で訳されることが多いような気もするので、今回は前者のイメージで書いてみましたがどうでしょう。

 

 さて、この曲はビートルズ(The Beatles)によって、1969年にリリースされた曲です。もうこのブログを始めて二年半になりますが、何気にビートルズの曲は初めてでしたね。



The Beatles-Here comes the Sun.

 また、この曲は glee のシーズン5にて、サンタナと、彼女の前に現れたバイトの同僚のダニーとのデュエットで歌われました。ニューヨークで未だ道が見いだせず、ブリトニーとも離れ離れのサンタナに対する、一つの喜びとなりえるかもしれないダニー。この二人の様子のイメージした曲として歌われています。

 

GLEE - Here Comes The Sun (Full Performance) HD

訳、言葉について

 Here come ~ で「~がやってくる」という意味です。特に、喜ばしいものがやってくる際によく使われる気がします。

 

 It's all right は「何も問題ない」という言葉です。今回の曲では、ずっとふさぎ込んでいた人が立ち直る様子が描かれているので、「大丈夫」のようなニュアンスで捉えてよいと思います。

Lean On Me / Bill Withers

Lean On Me / Bill Withers

 

Lyrics&訳

Sometimes in our lives

We all have pain, we all have sorrow

But if we are wise

We know that there's always tomorrow

 

生きているとさ

痛みを覚えたり、悲しみを抱えたりするよね

でも、ちょっと落ち着いてみれば

いつもまた明日があるって、僕らはちゃんと知っている

 

Lean on me when you're not strong

I'll be your friend, I'll help you carry on

For it won't be long

'Til I'm gonna need somebody to lean on

 

もし気持ちを強く持てないのなら、力になるよ

きっと友達に。きっとその背中の後押しに

ずっとって訳じゃないけど

僕もまた、誰かの力が必要になる、その時までは

 

Please swallow your pride

If I have things you need to borrow

For no one can fill those of your needs

That you won't let show

 

強がるのはこの際やめよう

君の必要な物。僕が持っているなら使っていい

君に必要な物全部、揃えられる人なんて居ない

君がそれを教えてくれない限りはさ

 

You just call on me, brother, when you need a hand

We all need somebody to lean on

I just might have a problem that you'll understand

We all need somebody to lean on

 

連絡をくれるだけでいいんだ。誰かの手が必要ならさ

誰だってそう。誰かの力が必要なんだ

僕だってそう。君じゃないと解決できない問題を抱えるかもしれない

皆そう。誰かを頼って生きているんだ

 

Lean on me when you're not strong

And I'll be your friend I'll help you carry on

For it won't be long

'Til I'm gonna need somebody to lean on

 

だから僕のことも頼って。辛いときには

心の支えにも、前に進む力にもなる

ずっとは無理かもしれないけど

僕も誰かを頼らなければならなくなる、その時までは

 

You just call on me, brother, when you need a hand

We all need somebody to lean on

I just might have a problem that you'll understand

We all need somebody to lean on

 

そう、訪ねてくれればいいんだ。その手が足りないなら

皆誰かを頼りに生きている

僕が君の力を借りたくなる日もいつか来ると思う

皆そうやって、支えあって生きている

 

If there is a load

You have to bear that you can't carry

I'm right up the road

I'll share your load if you just call me.

 

もし、運ぶべきものがあって

でも運べなくて、困っていたとしても

その近くには僕もいるんだ

一緒に運ぼう。声をかけてくれればいい

 

Call me if you need a friend

Call me, call me

Call me when you need a friend

Call me if you ever need a friend

 

そう、声をかけて。仲間が必要なら

話してかけて。教えて欲しい

呼んでほしい。味方が必要なら

連絡して。この先、友達が必要ならば

 

Call me, call me

Call me, call me

Call me, call me

Call me, call me

 

躊躇わないで

遠慮しないで

意地にならないで

独りじゃないんだ

 

Call me if you need a friend

Call me, call me

Call me, call me

Call me, call me

 

電話でもいい。誰かが必要なら

どんなことでもいい

ちっぽけなことでも

大変なことでも

 

Call me, call me

Call me

 

辛いなら。助けが必要なら

僕を呼んで欲しい

 

この曲について

 人間誰しも、他人の力を借りるということには何かしらの抵抗感を覚える物だと思います。それは、遠慮であったり、相手を気遣ってのことであったり、或いは貸し借りを作りたくないという思いであったり、自分への無力感の否定であったりと様々な理由があると思いますが、そう言ったものはとりあえず忘れて、まずは助けを求めて欲しいと訴えかける曲ですね。

 

 恐らく、この曲に登場する You は、やや意地っ張りというか、特に自分一人でどうにかしようとするタイプなのでしょうね。You に呼びかける言葉には、We all have pain ですとか We know that there's always tomorrow のように、We が多く含まれており、「皆そうなんだ」とか「君一人が特別弱いわけじゃない」という形で想いが伝えられている点から、そんな人物像が見えてくると思います。

 

 そしてまた、この You に訴えかけている主人公もまた、誰かの力を借りることがあり、そしてそれはこの You の力であるかもしれないと伝えます。これにより、誰かを頼った分、いずれどこかで他の誰かの力になってあげればいいということまで伝えているように思えます。そうやって、人は支えあって生きている、そうやってこの世の中は回っている。そういうことなんでしょうね。

 

 さて、この曲はビル・ウィザース(Bill Withers)により、1972年にリリースされた曲です。シンプルか強いメッセージ性を持った曲の為か、多くのアーティストやゴスペルクワイヤーにも歌われています。


 
Bill Withers - Lean On Me

 

 そしてこの曲はglee のシーズン1にて、子供ができてしまいこの先の人生に不安を抱えたフィンとクィンに向けたメッセージとして歌われました。特にシーズン1はこういった、一人を皆で支えるというシーンが多くていいですね。

 

 
GLEE - Lean On Me (Full Performance) HD

訳、言葉について

 タイトルでもある Lean on ~ は、「~に寄りかかる」「~に体を預ける」というイメージとなり、そこから「~を頼る」という意味で使われます。

 

 Carry on は Bad Day にも出てきましたが、「続けて行く」という意味になります。

 

 Call on me と Call me の2種類の表現が出てきていますが、Call on ~ は「~を訪ねる」、Call ~ は「~を呼ぶ」となります。特に Call me は、「連絡下さい」とか「電話をして下さい」という意味に派生して使われます。(後者は以前ご紹介した Call Me Maybe がその意味で使われています)

 

 I'm right up は「すぐそばに駆けつける」という意味です。歌詞的にもうっかり I'll light up と間違えそうなのでご注意ください。僕は間違えました(笑)

プロフィール

笹森茂樹

カテゴリ
関連アーティスト検索
検索