さて、この曲はなんて言ってるのだろう

英語は苦手ですが、洋楽を和訳しながらあれこれ意味を調べたり考えたりするのは好きなので、その勢いで書いています。
意訳と偏見だらけですが、ご容赦ください。

A Lover's Concerto / The Toys 他多数

A Lover's Concert / The Toys

 

Lyrics&訳

How gentle is the rain

That falls softly on the meadow

Birds high above in the trees

Serenade the flowers with their melodies oh oh oh

 

嗚呼、温もり深く優しい雨が

緑の大地に降り立っていく

木々の頂には鳥たちの歌

花ゆれる音は小夜曲の調べ

 

See there beyond the hill

The bright colors of the rainbow

Some magic from above

Made this day for us just to fall in love

 

あの丘にまで広がる景色

陽を受け煌めく鮮やかな虹

神様の気まぐれな奇蹟が

私達に恋する勇気を

 

Now I belong to you

From this day until forever

Just love me tenderly

And I'll give to you every part of me oh oh oh

 

今、貴方と共に在る

今日この日より、果つることなく

私を包む愛さえあれば

貴方に全てを捧げようと

 

Don't ever make me cry

Through long lonely nights without love

Be always true to me

Keep it stay in your heart eternally

 

どうぞ悲しみを奪い去って

心細い日、愛無き夜を

常に私に偽りの無き

今の貴方で在り続けていて

 

Someday we shall return

To this place upon the meadow

We'll walk out in the rain

Hear the birds above singing once again oh oh oh

 

今この時を忘れなきよう

この緑の大地に再び立とう

雨が終わりを知るまで歩こう

また鳥たちの歌が降るまで

 

You'll hold me in your arms

And say once again, you love me

And if your love is true

Everything will be just as wonderful

 

私をその腕で抱き留めて

そして今一度、愛していると

その言葉に偽り無ければ

世界は薔薇色で在り続ける

 

この曲について

 何というか、愛の讃歌の王道を行くような曲ですね。愛し合う二人がいて、そのお互いの想いにより世界が色鮮やかに彩られていくような、そんなイメージが浮かぶ気がします。

 

 ただ、愛の讃歌と書きましたが、この曲の歌詞からは愛し合う二人が強くイメージできるかと言うと、どうもそんな気がしません。確かにこの曲の主人公は二人の恋人なのでしょうけれど、この曲の焦点はその二人を祝福している世界のように思えます。

 

 優しく降る雨、広がる草原、鳥のさえずり、花の揺れる音、そして雨が上がって鮮やかに架かる虹。二人の世界を織り成す、これら一つ一つの全てから幸せがにじみ出ているような、そんな瑞々しさがこの曲の魅力ではないでしょうか。そしてこの二人の恋という主題を、様々な音色を持つ世界が盛り上げていくという、その様子こそがこの曲のタイトル「A Lover's Concerto(恋する者の協奏曲)」となるのかなと思います。
 なので是非、木、花、鳥等、これらが全て複数形のsをつけて表現されている点も、この曲をイメージするポイントに加えてみて下さい。

 

 さて、この曲は1965年にザ・トイズ(The Toys)によって初めて歌われたものですが、その後も様々な歌手によってカバーされており、日本でも広く歌われてきております。

 


 The Toys - Lovers Concerto - HQ

 

 また日本では、特に最近はサラ・ヴォーン(Sarah Vaughan)のバージョンが良く知られているのではないかなと思います。

 Sarah Vaughan - A Lover's Concerto

 

 ところで、この曲を聴いて「あれ、この曲ってメヌエットって言うんじゃなかったっけ」と思われる方も多いのではないかなと思います。メヌエットはクリスティアン・ペツォールト(Christian Petzold)によって作られた曲で、音楽の教科書で「メヌエット ト長調」として習ったのではないかなと思います。(※なお、以前はバッハ(Bach)作曲と考えられていました)
 A Lover's Concertoはこの曲を元にして作られた曲とのことで、そんなバロック時代の曲調を源流にしている為か、主人公となる恋人二人も「女と男」というよりは「貴婦人と殿方」といった出で立ちが思い起こされます(僕だけでしょうか……)。たまにはこんな、麗らかなラブソングも良いですね。

 

訳、言葉について

 Serenadeは、日本でもほぼそのままローマ字読みでセレナーデと言いますが、小夜曲と訳せます。元は恋人の家の前で恋人を讃える歌の事で、その後オーケストラの楽曲の一形態の呼称となったそうですが、今回は単純に前者の意味で捉えればいいのではないかと思います。

 

 Until foreverは、直訳すれば「永遠まで」となりますが、つまりは「終わりはいつまでも来ない」と言うニュアンスで捉えればいいのではないかと思われます。

 

 一点疑問だったのは、I'll give to you every part of me です。 これ、普通に考えれば to なんか付けずに、 I'll give you every part of me とすればいいんじゃないかと思うのですが、どのようなニュアンスの違いがあるんでしょうね。

When The Saints Go Marching In / Louis Armstrong

When The Saints Go Marchin' In / Louis Armstrong

Lyrics&訳

Oh, when the saints go marching in

Oh, when the saints go marching in

Oh how I want to be in that number

When the saints go marching in

 

我らの聖者が、列を成して

彼の地へと歩を進めるならば

どうか、彼の列へ我も加え給え

聖者が彼の地へ向かうその時

 

Oh, when the drums begin to bang

Oh, when the drums begin to bang

I want to be in that number

When the saints go marching in

 

太鼓の音が鳴り出したなら

彼らを見送る太鼓の音が

ああ、彼の列へ我も加え給え

聖者が彼の地へ向かうその時

 

Oh, when the stars fall from the sky

Oh, when the stars fall from the sky

I want to be in that number

When the saints go marching in

 

夜空の星が流れたのなら

彼らを迎える数多の星が

ああ、彼の列へ我も加え給え

聖者が彼の地へ向かうその時

 

Oh, when the moon turns red with blood

Oh, when the moon turns red with blood

I want to be in that number

When the saints go marching in

 

月が赤き血に染まるのならば

共に想いを馳せれる月が

ああ、彼の列へ我も加え給え

聖者が彼の地へ向かうその時

 

Oh, when the trumpet sounds its call

Oh, when the trumpet sounds its call

I want to be in that number

When the saints go marching in

 

喇叭の音が響いたならば

彼の時を告げる喇叭の音が

ああ、彼の列へ我も加え給え

聖者が彼の地へ向かうその時

 

Oh, when the horsemen begin to ride

Oh, when the horsemen begin to ride

I want to be in that number

When the saints go marching in

 

兵隊が馬に乗り出したなら

列を指揮する兵隊たちが

ああ、彼の列へ我も加え給え

聖者が彼の地へ向かうその時

 

Oh, when the fire begins to blaze

Oh, when the fire begins to blaze

I want to be in that number

When the saints go marching in

 

松明に火が灯されたなら

彼らを導くこの送り火が

ああ、彼の列へ我も加え給え

聖者が彼の地へ向かうその時

 

Oh, when the saints go marching in

Oh, when the saints go marching in

I want to be in that number

When the saints go marching in.

 

我らが聖者が征く時が来た

街から彼の地へ征く時が来た

ああ、彼の列へ我も加え給え

聖者が我らを去る時が来た

 

この曲について

 日本でも「聖者の行進」或いは「聖者が街にやって来る」という曲名で知られており、メロディはとても馴染み深い曲だと思います。CM等では替え歌で歌われることも多いですし、ジャズバンドによるインストゥルメンタルで流されることも多いですね。しかし一方で、本来の歌詞の内容そのものに触れる機会は割と少ないのではないかなと思います。

 

 この曲は見てお察しの通り、元を辿れば死者との別れを告げる葬式用の曲です。発祥はアメリカのニューオーリンズで、当時奴隷だった人々が、死者を埋葬後にこの曲を明るく歌いながら家路についていたそうです。
 土地の風習から自然発生的に生まれた曲らしく、作詞・作曲者は不明となっております。歌詞も特にこれが正式という物がありません。恐らく、その場のノリで歌う趣の強い曲なのでしょうね。ただ、英語版Wikipediaには「一応標準」とされる歌詞が掲載されており、今回はそれをお借りしております。

 

 この曲は最初、亡くなって聖者の仲間入りをした人が、その聖者の隊列の中に立っています。この時、この隊列はまだ動いておらず、軍隊風に言うのであれば「待機」の状態にあるのだと思われます。

 

 しかしここから一つ一つ、別れの時が近づいていることを示す事柄が歌われます。太鼓の音が鳴り、星が見えて月が赤く染まる時刻となり、ラッパの音が響き渡り、兵隊が馬に乗り始め、松明に火が灯される。そんな一つ一つの小さなことに曲をまるごと一章ずつ割いておりますね。そこから「ああ、ついに……ああ、ついに……」といった名残惜しさと、最期の別れの時がいよいよ来てしまうのだという覚悟のような物が、この曲からは読み取れるのではないかなと思われます。そして、その名残惜しさを精一杯込めた言葉が、「I want to be in that number(私もその一員に加えて欲しい)」なのかなと思います。

 

 先ほど、正式な歌詞と言うものが無いと言うお話をしましたが、この曲が持つ構成と「名残惜しさ」が一つの理由なのではないかなと思います。上に記した通り、この曲の一章一章は本当に些細な瞬間を切り取って歌っています。これは逆に言えば、この些細な瞬間を見つけさえすれば簡単に曲の中に盛り込むことができるということであり、結果として曲をいくらでも長くすることができることになります。その為、気の済むまで、名残惜しさが消えるまで、歌詞を思いつく限り独自に盛り込んで歌っていたのではないかなと思います。
 ……というより、各個人の想いに相応しい、好きな言葉を盛り込んで歌える曲として自然発生したという経緯が先にあったのかもしれません。そして、その中で普遍的に使える歌詞が代表して知られているといった方が、この曲の歴史として正しい順序のようにも思えます。

 

 ところで、葬式の曲なのにこんなに明るくていいのでしょうかという疑問に対して「この曲は黒人奴隷たちによって歌われた物であり、死することで奴隷と言う身分から解放されたのだから喜んでやろうという想いから生まれた曲」という一応の回答があります。
 勿論これには充分に一理あると思うのですが、ただ本当にそれだけかどうかはちょっと疑問です。実際、奴隷制度のような物が無かった国でも死者を明るく送り出す風習は有りますし、日本ですら一部の地域では喪主の家でどんちゃん騒ぎをしたりします。
 人が亡くなった際に悲しく思うのは万国共通だと思いますが、ではその悲しみをこれからどうするかという事については、人によって選択肢が分かれるはずです。そしてこの「敢えて楽しく騒ぐ」というのは、そんな選択肢の中の一つとして、普通に考えられ得る手段なのではないかなと個人的には思います。その為、この曲は単に奴隷制度という歴史により生まれた悲しい曲とだけ捉えるのではなく、やっぱりシンプルに故人を偲び、でも残された人を明るく励まし、悲しみを乗り越えようとする曲として捉えたいです。少なくとも、歌詞の内容を見る限りは、心から送り出すことなどしておらず、むしろ名残惜しさたっぷりの曲に思えますから。

 

 さて、この曲は前述の通り、いつ作られたかも分からない曲ですが、最初にレコーディングしたのはルイ・アームストロング(Louis Armstrong)のようです。Youtubeで見られる彼のバージョンはこんなに歌詞は長くなく、楽器によるジャジーな演奏を主体としたパフォーマンスになっています。

 


Louis Armstrong - When The Saints Go Marchin' In

 

 個人的には、この曲を聴くとマリオペイントを思い出すのですが……僕だけですかね。

 

訳、言葉について

 Saintは聖者の事ですが、ここでは亡くなったことで聖者となった人ですね。仏教でも死ぬと仏になるということなので、亡くなることで神聖化するというのは普遍的な概念なのかもしれませんね。

 

 I want to be in that numberのnumberは、日本語で言う「頭数(あたまかず)」のニュアンスに近いかなと思います(勿論、歌詞にそのまま使うにはちょっとアレなので、そのようには訳しませんでしたが)。

I Kissed A Girl / Katy Perry

I Kissed A Girl / Katy Perry

Lyrics&訳

This was never the way I planned, not my intention

I got so brave, drink in hand, lost my discretion

It's not what I'm used to, just wanna try you on

I'm curious for you caught my attention

 

別に前からそうしたかったわけじゃないわ。特に意味もないの

飲みすぎて、わけわかんなくなっちゃってたから、まあもののはずみよ

普段はそんなことないけど、ちょっとあなたで試してみたくなっちゃっただけ

不思議となんだか、あなたが気になっちゃって

 

I kissed a girl and I liked it, the taste of her cherry chapstick

I kissed a girl just to try it, I hope my boyfriend don't mind it

It felt so wrong, it felt so right, don't mean I'm in love tonight

I kissed a girl and I liked it, I liked it

 

女の子にキスしちゃった。いいわねコレ。彼女、サクランボの口紅の味がしたわ

やってみただけよ。彼氏がヘンに思わなければいいけど

後ろめたい気もするけど、いい気分よ。別に愛してるって意味じゃなくて

女の子とキスしちゃった。クセになるわ

 

No, I don't even know your name, it doesn't matter

You're my experimental game, just human nature

It's not what good girls do, not how they should behave

My head gets so confused, hard to obey

 

あなたの名前を知ってるとか知らないとか、そんなの関係ないの

お遊びの実験よ。本能ってやつのね

良い娘ちゃんがすることじゃないし、褒められた姿でもないわよね

でもムリ。私もうイカレちゃってるもの

 

I kissed a girl and I liked it, the taste of her cherry chapstick

I kissed a girl just to try it, I hope my boyfriend don't mind it

It felt so wrong, it felt so right, don't mean I'm in love tonight

I kissed a girl and I liked it, I liked it

 

女の子へのキス、たまらないわ。 甘酸っぱい味がするの

やってみただけだって。彼氏に見られたくはないけれど

罪悪感あるけど、でもハマっちゃった。恋だの愛だのとは別の話よ

女の子とのキス、いいわ。最高よ

 

Us girls we are so magical, soft skin, red lips, so kissable

Hard to resist, so touchable, too good to deny it

It ain't no big deal, it's innocent

 

女の子って不思議。お肌は柔らかいし、唇は赤いし、そりゃキスしたくもなるわよね

ダメ、抑えきれない、触ってみたいの。我慢するには魅力的すぎるの

なんてことないわ、純粋にそうしたいだけ

 

I kissed a girl and I liked it, the taste of her cherry chapstick

I kissed a girl just to try it, I hope my boyfriend don't mind it

It felt so wrong, it felt so right, don't mean I'm in love tonight

I kissed a girl and I liked it, I liked it

 

女の子とキスしちゃった。たまらない。あの甘い味が忘れられないわ

試してみただけ。まあでも彼氏が見たら何て言うかしらね

私イケナイ娘よね。でもいいの。コレ、浮気ってわけでもないし

女の子とのキスって、イイわよ。本当に。

 

この曲について

 女の子である主人公が、別の女の子とキスをしてしまった。けど、悪い気はせず、むしろハマってしまいそうな程にいい気分だった……そんな曲です。見る人が見れば、なかなか過激な歌詞かもしれませんね。

 

 この歌詞をパッと見た時は、一瞬レズの曲なのかなと思ってしまいます。ただ、この主人公は少なくとも普段は男の子の方が好きで、実際彼氏もいるようです。その為どちらかと言うと、ただ単に酔った勢いで女の子の唇を奪ってみたら、それが思いの外よかったというノリのようです。実際、歌詞の中でも「これは恋愛じゃない」と言ってますし、相手が誰であるかも問題ではないようです。

 

 しかし一方で、やっぱりこれは褒められた行動では無いことも一応分かってはいるという部分も、歌詞の中には盛り込まれています。そして何よりこの曲のサウンドからは、なんだかスリリングでドキドキしている背徳感がたっぷりにじみ出ていますね。この、頭では分かっているけど、気持ちは抑えきれないという、そんな心の中の矛盾が良く表れているなと思います。

 

 さて、この曲は、ケイティ・ペリー(Katy Perry)によって2008年にリリースされた曲で、アルバムOne of the Boysに収録されています。この曲発表当初は、賛否両論巻き起こったようです。特に、ヘテロセクシャル(ストレート)を是とするクリスチャンや保護者からは大分非難の声が巻き起こったようです。


Katy Perry - I Kissed A Girl (Official)


 ただ、個人的にはこの曲は、同性愛を応援したり、それらの問題に一石を投じる意思を持った曲とは違うのではないかなと思います。レズビアンの方々には心強く映った曲なのかもしれないですが、この曲のノリはどちらかと言えば、サイコロトークで「人には言いづらい過去の経験」が当たったときに面白おかしくしゃべる暴露話のような、そんな感じなのだろうなと言う気がします。

 

 そしてやっぱりと言うかなんというか、ケイティ・ペリー自身の性対象についてもあれこれ憶測が飛び交ったようですが、彼女自身は「自分はストレート。あくまでこの曲はファンタジー」と公言しているようですね。

 

 また、この曲はgleeでも2回登場します。1回目はニューディレクションズのオーディションでティナが歌い、そして2回目は、レズビアンであることをカミングアウトしたサンタナ自身と仲間の女子たちによって歌われました。1回目のシーンはほんの一瞬ですが、後にSeason6でフルバージョンで再収録されました 


Glee - I Kissed a Girl S6 (Full Perfomance) HD

 


Glee | Full Performance of I Kissed a Girl

 ニューディレクションズの女子全員で歌うことで、開き直ったサンタナと、彼女を守ろうとする女子の仲間たちの結束が見えて良いですね。それにしても、何でティナはオーディションにこの曲を選んだのでしょうか……

 

訳、言葉について

 Chapstickは、訳上で口紅と書きましたが、実際はリップクリームの事です。もともとはChap Stickという商品名だったそうですが、それが広まって一般名詞化したそうです。

 

 Human natureは、以前同名の曲を訳しましたが、人間の性とか、本能的な物となります。

 

 Us girls という表現はこの曲で初めて見たのですが、読んでそのまま「我々女子達は」と訳して良いようです。英語にもこんな言い回しあるんですね。

 

 Kissableという見慣れない単語が出てきますが、キスしたくなるようなと言う意味です。はじめ造語かと思いましたが、ちゃんと1単語として確立しているようです。それだけ日本よりもキスが日常的な行為なんでしょうね。

Renaissance Faire / Blackmore's Night

Renaissance Faire / Blackmore's Night

Lyrics&訳

I was told once, by a friend of mine,

She had seen an olden sign,

She said she was not from this time,

And did I feel the same?

 

お友達から、一度だけ聞いたことがあるの

古のお告げを受けてしまったのって

「私、本当は別の時代の人間なのね。

あなたもそう思う?」って訊かれたわ

 

So I told her, "Yes", I knew her fear

As I felt the truth draw near

Told her back three hundred years,

Was the time that I held dear...

 

「ええ私も」って答えたわ。畏れなくていいように

彼女を信じて傍に引き寄せ

言ったの。今から300年前

それこそが私の居た筈の時代なのって

 

Gather ye lords and ladies fair,

Come with me to the Renaissance Faire

Hurry now,

We're almost there...

Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

 

男の人達も、女の人達も

私と一緒にお祭りに行こうよ

さあ早く早く

あと少しで辿り着くわ

なんて楽しみなのかしら

 

Through the shroud of mystery,

Turn a page of history,

Feeling more than you can see,

Down at the Renaissance Faire.

 

さあ謎めいた帳を潜り抜け

重ねた歴史を繙きて

見るには及ばず身体で感じよ

ルネッサンスフェアはもう目の前ぞ

 

Hear the minstrels play their tunes,

They will play the whole night through,

Special songs for me and for you,

And anyone whose heart is true...

 

詩人の奏に耳を傾けよ

彼の音と共に夜を明かそうぞ

今宵の歌は我に、其方に

心に偽り無き者共に

 

Gather ye lords and ladies fair,

Come with me to the Renaissance Faire

Hurry now,

We're almost there...

Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

 

来たれ紳士淑女の皆々

我と共に彼の祭典へ

さあさ皆共急ぐが良いぞ

夢の一時は始まっておる

時間の扉を今こそ潜らん

 

There's too many stars for one sky to hold,

Some will fall, others are sold,

As the fields turn to gold

Down at the Renaissance Faire...

 

空には数多なる星々が集い

あるものは落ち、あるものは手に取られ

やがて大地は黄金に染められ

彼の時代は今蘇らん

 

Gather ye lords and ladies fair,

Come with me to the Renaissance Faire

Hurry now,

We're almost there...

Fa, la, la, la, la, la, la, la, la, la...

 

集え諸侯に御婦人方よ

我と向かうは時代の祭典

さあその足を速め給え

もう引き返すことまかりならん

夢見る時代へと還るが良い

 

この曲について

 一見、幻想めいた何かのおとぎ話のような曲に見えますが、実はアメリカにてルネッサンス・フェア(Renaissance Faire)というお祭りが実際に存在します。この曲は、そのお祭りを心待ちにしている人たち、そしてそのお祭りの様子を描いた曲と思われます。その為、この曲自体の内容を説明するより、ルネッサンス・フェアがそもそもどういうものなのかを知れば、自ずとこの曲の内容に繋がります。

 

 ルネッサンス・フェアは、エリザベス1世が治めていたイギリスのルネッサンス期を再現するイベントで、アメリカの各地で定期的に、或いは常時開催されているそうです。このお祭りでは、スタッフも参加者も16世紀当時の衣装に身を纏い、その当時を再現した食べ物や装飾品の露店が出され、加えて音楽、演劇、大道芸などのショーも催されます。特に近代化の象徴である電気は使われない為、乗り物も馬車や人力車が利用されるのだとか。

 

 ただ、その時代背景だけでなく、その時代のファンタジー感を持ち込むのもアリのようで、魔法使いやフェアリー(妖精)の格好をされている方もいらっしゃるようですね。Wikipediaにはケンタウロス(人馬)の格好をされた方の写真が掲載されています。ここまで来ると、完全にコスプレのノリですね。

 

 以上を踏まえて曲の内容を見ると、1番に出てくる女の子達は、この中世の時代の人になりきろうとしているのだろうなと思います。そして、時代を超えるというミステリアスな設定に心をときめかせているのかなと。そして2番以降はひたすらルネッサンス・フェアの様子を歌っているようですね。

 

 さて、この曲は1997年にブラックモアズ・ナイト(Blackmore's Night)によってリリースされた曲で、アルバムシャドウ・オフ・ザ・ムーン(Shadow Of The Moon)に収録されています。

 

 

 Blackmore's Night Renaissance fair

 

 ブラックモアズ・ナイトというユニットは、日本では大分マイナー感が否めないですが、ギタリストであるリッチー・ブラックモア(Ritchie Blackmore)は、ロックバンド、ディープパープル(Deep Purple)のギタリストとして有名ですね。そしてボーカルを務めているのは、その妻であるキャンディス・ナイト(Candice Night)です。
 ディープパープルのようなハードロックとはおよそかけ離れた嗜好のユニットですが、彼らのファーストアルバムとなるこのシャドウ・オブ・ザ・ムーンは、特にこの中世イギリスを強くイメージした曲が多数収録されています。この手の曲が好きな方は是非。

 

訳、言葉について

 Renaissanceはそもそもフランス語で「再誕」を意味する言葉だそうです。Renaissance FaireのRenaissanceは、あくまでルネッサンス期を指していると思うのですが、歴史の再現という意味で捉えてもいいのかも知れませんね。

 

 Signは、普通は「印」「象徴」「標識」などを意味しますが、「神託」とか「お告げ」「何かの兆し」という意味もあります。今回はそれが元で女の子が「この時代の人では無いのかも」と思いこむので、後者の方と解釈しました。

 

 サビに出てくるye は、古い言葉で「汝ら」を意味する言葉だそうです。

 

 同じくサビに出てくるFairは、日本でも良く使うフェアのように「公正」という意味が一般的ですが、一方で「金髪で色白」という、所謂北欧系の顔立ちの事を指すこともあるそうです。今回は後者ですね。

 ・・・妖精を意味するFairyは多分この言葉の派生なんでしょうね。憶測ですが。

livedoor プロフィール
関連アーティスト検索
検索